フリーターからなかなか就職できない・・・
高卒フリーター就職サイト > 高卒フリーター就職 > フリーターの就職が難しい理由と打開策

フリーターの就職が難しい理由と打開策


フリーターの就職が難しい理由

フリーターからなかなか就職できない・・・

フリーターから脱出、正社員になりたいと思い就職活動を始めてみたけれど・・・なかなか就職できない

書類選考で落ちる事も多いし、就職活動、もうどうしたら良いのか分からなくて・・・

高卒フリーターだから?

大学中退してフリーターだから?

フリーター歴が長いから?

状況は人それぞれで違いますが、悩み始めて就職活動が止まってしまっている、というフリーターの方も多いのではないでしょうか。

フリーターが就職できない、就職が難しいのにはいくつか理由を挙げる事が出来ます。

就職が難しい理由を知り、それを解決する事で少しずつ就職成功に近づいていくことが出来るのではないでしょうか。

フリーターの就職が難しい理由と打開策について、みていきたいと思います。

フリーターから正社員、就職が難しいのはなぜ?

職歴なし 女性フリーター就
高卒フリーター、大学中退後フリーターという方。
専門学校中退した後にフリーター、中卒フリーターという方もいるかもしれませんね。

フリーターから正社員就職を目指すとき、

年齢

が最も重要ということは言えると思うのですが、20代の方であれば就職は可能、という就職エージェントは多いです。

実際、今までにお会いした就職エージェントの方は全員、20代、もしくは30代前半までは就職することは可能です!ということを自信を持って話されていました。

もちろん、フリーター・ニート、既卒、大学中退といった方の就職をサポートするのが仕事ですから自信を持ってそう言われるのは分かりますが、実績もあるからこそ、そういえるのではと思います。

フリーターからの正社員就職が難しい理由として、次のようなことが共通点として見られます。

ネガティブになっている

就職できない期間が続くと、どうしてもネガティブになりがちです。
言葉の端々、表情にもネガティブさが出てしまいます。

面接官は求職者の表情、目線もしっかりチェックしています。

緊張するのは仕方ありません。
そこは面接官も分かっていますから大丈夫ですが、言葉がネガティブ傾向にある、表情が暗い、といった方は今後、一緒に働く事を想像した場合、あまり歓迎したくはないですね。

面接官は求職者を採用した場合、職場の雰囲気がどうなるかも考えながら面接をしています。

ネガティブな人は、不採用になる可能性が高いことはいえるでしょう。

求人を選び過ぎている

応募する会社、仕事に対して条件が多かったり、求人を選び過ぎている方もいます。

新卒学生とは違い、フリーターは中途採用を狙って就活をすることになりますから、求人を選び過ぎていると応募先が見つかりません。

行動量が少ないと、内定獲得の可能性も減ってしまいます。

受け答えが上手くできていない

高卒20代の転職
面接対策の不足が原因といえますが、受け答えが下手である場合には、やはり不採用になることが多いといえます。

面接官からの質問に対して、上手く答えられなかったり、沈黙が続いてしまって・・・といった経験のあるフリーターの方もいるのではないでしょうか?

受け答えが上手くできないのは準備不足としかいえません。

声が小さくて面接官が聞き取りにくいのも問題です。

ネガティブな印象を与えてしまいますから、面接では明るくハキハキ、少しゆっくりめに話す事がコツです。

志望動機が弱い

フリーターから正社員への面接でも、必ず志望動機について質問がされます。

この志望動機が弱く、アピールできていない方も多いです。

面接官は複数の求職者を比較している、ということを頭に入れておく必要があります。

よりうちの会社に本気で入社して働きたい人を採用したい

と考えています。

それが伝わるのが志望動機です。

他の会社の面接でも使い回しが出来そうな志望動機ではなく、自分の言葉で、しっかりと志望動機を伝える事が大切です。

自己分析、企業研究もしっかり出来ていないと、志望動機が弱いものとなりやすいです。

面接のマナーが出来ていない

面接マナーも重要です。

就活をしている方の中には、面接マナーをあまり重視しない方もいるかもしれませんが、面接官は重視しています。

人生を大きく変えるかもしれない面接、それも短時間の面接でのマナーもしっかり準備出来ない人は、仕事の準備もおろそかになるのでは、と言ったことを考える面接官もいます。

第一印象が悪い

スーツに汚れがある、ネクタイに汚れがあったり、ほつれがあったり。
シャツがヨレヨレ、靴が汚い、髪型がボサボサであったり、身だしなみ不潔であると、第一印象が悪くなります。

自己管理能力が無い人、という印象を与えてしまいます。

第一印象でほとんど決まる、という面接官もいるくらいですから面接会場には少し早めに着いて、身だしなみを整えることは最低限、行いたいですね。

履歴書、職務経歴書の空白部分が多い

フリーターの方を面接していると、履歴書や職務経歴書に空白部分が多い方もいます。

パッと履歴書、職務経歴書を開いたときに「白いな」と思う場合、大抵は面接の受け答えも浅い場合が多いです。

なんとなく手当たり次第に求人に応募してきているんだろうなあ・・・

と思わざるを得ない求職者が多いように感じます。

本気で就職活動をしている人の履歴書、職務経歴書は「白い部分が少ない」です。
そうした部分も比較されていることを理解し、応募書類を作成することも大切といえます。

企業研究が甘い

応募する先、企業研究は徹底的に行うことが原則です。

最低限、業務内容は理解しなければ面接内容がちぐはぐになってしまいます。

面接官をしていると、時々ですが業務内容が微妙にかみ合わない求職者がいます。

「もしかして他の会社の業務内容と勘違いしているのでは?」

面接官に疑問を与えないようにするためにも、しっかりと企業研究をしておくことは前提といえます。

就職できないフリーターが最後に利用する就職支援とは

フリーターが就職できない理由、お祈りメールが続いてしまう理由は他にもありますが、代表的な就職できない理由をご紹介しました。

一人で就職活動をしていると、こうした就職できないスパイラルから抜け出すのが難しくなります。

どこをどう直せば良いか、自分だけでは分からない

ことが多いためです。

そのため、フリーターから正社員就職を目指す際には就職支援サービスを行っている、フリーター向け就職サイトを利用することをオススメしています。

就職支援サービスを利用すると、何をしてくれる?

人材紹介会社コンサルタント
就職支援サービスを利用した場合、次のような就職支援を無料で行ってもらうことができます。

応募書類の添削

履歴書、職務経歴書の作成アドバイス、添削。
就職アドバイザーやコンサルタントが面談時に一緒に作成することも多いです。

カウンセリング、自己分析

就職支援サイトに登録をすると、初回に面談が設定されます。
そこで、あなたの長所、短所、強み、弱み、適性、将来どんな風になりたいか、など様々なことを引き出します。

カウンセリング、自己分析のサポートを受けられます。

求人紹介

面談やキャリアカウンセリングを通して得た情報を元に、希望に合った求人を紹介してくれます。

求人状況によっては必ずしも、希望の職種などが紹介できないタイミングもありますが、応募可能な求人をいくつか紹介してもらえるのが通常です。

求人紹介が難しい、と言われた場合には他の就職支援サービスを利用するのが良いでしょう。

扱っている求人持ちがいますし、得意な業界・職種も就職支援サービスにより異なります。

企業ごとに面接対策

困るフリーターの方が多いのが面接対策だと思います。

就職支援サービスを利用すると、応募する企業に合わせた面接対策が受けられます。

効果が高い模擬面接も行ってもらえますので、自信を持って面接に臨みやすくなります。

企業への推薦

あなたが内定獲得しやすいように、企業へ推薦をしてくれます。

エージェントからのそうした情報も参考にしながら、採用選考をおこなってもらえますので内定率が通常の就活よりも高くなる、といえます。

就職に関する相談を何でもできる

就職に関しての相談であれば、なんでも出来ます。

就活をしていると悩んだり、疑問に思ったりすることも色々あると思いますが、相談できる相手がいるのは心強いものです。

まして、今までにも多くのフリーター・ニートの就職支援をしてきた経験を持つコンサルタントですから、解決策を持っていることも多いです。

そうしたメリットも見逃せないメリットではないでしょうか。

フリーターを続けるのはリスクが大きい

フリーターを続ける事は、リスクが大きいです。

生涯年収もフリーターと正社員では3倍くらい違うと言われます。

これだけ年収が違うと、生活が丸っきり変わってきます。

フリーターだと将来のための貯えもできないでしょうし、結婚も厳しく、子供を持つのも難しいでしょう。

30代、40代のフリーターが孤独、末路へ・・・といったニュースなども目にしますが、誇張ではないといえます。

フリーター歴が長くなると、それだけ正社員就職が難しくなります。

できるだけ早く、20代の間に正社員就職を成功させたいところです。

諦めず就職活動をすることで、正社員就職を成功へ

フリーター向けの就職支援サービスを利用することで、内定率80%、90%といった実績を誇るサポートを受けながら就活をする事ができます。

基本的には面談が必要ですから、拠点が近くにあるところを選ばれると良いと思います。

また、得意な業界・職種に関しても公式ページに掲載されている場合も多いですから、参考されることをオススメします。

⇒ フリーター向け就職サイト

でフリーター・ニートの就職支援にオススメの就職サイトをご紹介しています。

ぜひご参考にしてみていただければと思います。




キーワード