プログラマーとして正社員就職
高卒フリーター就職サイト > IT業界へ就職 > 高卒フリーターからプログラマーになるには

高卒フリーターからプログラマーになるには


高卒フリーター プログラマー

高卒フリーターでもプログラマーになれる!

フリーターからプログラマーとして正社員就職を目指す。

プログラマーは未経験からでも仕事に就きやすい職種の一つです。
高卒フリーターの方も多くプログラマーとして就職、活躍をされていますよ。

求人サイトでも多くのプログラマー求人を見つける事が出来ますが、高卒可、未経験歓迎、といった正社員求人を多く見る事が出来ると思います。

実際、プログラマーに求められるのは仕様に基づいてしっかりとしたコードが書ける事
自分で新しい言語であっても学び、身に付ける能力です。

後々のメンテナンスを考えて、他のエンジニアが読みやすいコードが書けると良いですね。

プログラマーの有能さには学歴はあまり関係無い、といって良く、フリーターから目指す職種としてオススメです。

フリーターからプログラマーへの就職、オススメの理由

フリーターからプログラマーになるには
プログラマーが人手不足の状況が続いていることも、フリーターなど未経験から正社員就職を目指しやすい理由ですね。

他にもフリーターからプログラマーを目指しやすい理由があります。

プログラマーとして働くために特別な資格は必要ありません。
独学でもとても優秀なスキルを持つプログラマーもいるくらいです。

情報系の国家資格「基本情報技術者」「応用情報技術者」「ITパスポート試験」などもありますが、取得者は優遇、といった事で中途採用を行うIT企業が多いですね。

こうした資格を持っていなくても十分、中途採用されることは可能です。

中小企業の場合には特にその傾向が強く、重要なのは「若さ、やる気、体力」といった企業も多いですよ。

プログラマーは体力勝負な場面も多いですからね。
どうしても炎上案件にあたる事もあり、その際には徹夜もあったりします。
(今は分かりませんが・・・)

学歴不問の未経験求人を見つけて応募をしていく事で、フリーターからプログラマーを目指す事は十分可能といえます。

プログラマーという職種に興味をお持ちでしたら、この後にご紹介するような就職サイトなどを活用してみてください。

未経験者をしっかり教育・サポートして戦力に育てよう、という会社を探すことが出来ます。

常に様々な開発案件が動いており、プログラマーやSEさえいれば受託したい、という開発会社も多いです。

もちろん、未経験からプログラマーへの就職を目指す場合には、経験の積み方が重要ですからね。

未経験者、新人へのサポートがしっかりしている開発会社を選ぶ必要はあります。

そうした意味で、情報収集がしっかり出来る就職支援サービスの活用をオススメしたいと思います。

高卒フリーターからプログラマーとして就職するには

高卒フリーターからプログラマーになるためには、求人情報を得る事が必要です。

未経験OKのプログラマー求人の情報を得る方法としては、

・ハローワーク
・求人サイト
・就職支援サービス

などが挙げられます。

ハローワークを利用してもプログラマー求人は見つけられます。

求人の掲載が無料なので、中小企業で採用にお金をあまり掛けられない企業は、ハローワークを利用する事が多いんです。

ただ、入社後のサポートなどはあまり期待出来ない事も多いので、結構仕事の事で煮詰まる可能性があります。

全くの未経験者の場合には、入社してからの働き方がとても重要です。

職場の雰囲気や、入社後の研修・OJTなども含めて情報がしっかり分かった方が良いでしょう。

高卒・フリーター向け就職支援サービスを利用してプログラマー求人を探す

高卒・フリーター向け就職支援サービスでも、IT企業からの求人割合は多いです。

未経験者を採用している開発会社も多いんですね。

IT・通信企業、エンジニア求人を多く取り扱っている就職支援サービスをご紹介しますと、

⇒ DYM就職

⇒ 就職shop

⇒ ハタラクティブ

などがあります。

プログラマー、エンジニア求人の中心は東京都です。

ハタラクティブは以前は首都圏特化の就職支援サービスを展開しており(今は関西エリアも対応)、エンジニア求人も意外と多いです。

ハタラクティブ利用者の16%がプログラマーとして採用された実績ありだそうです。

ハタラクティブは未経験者の正社員就職に特化した就職支援サービスですから、高卒フリーターの方もぜひ活用してみてください。

DYM就職や就職shopでも、IT・通信企業からのエンジニア求人の割合は多いと言えます。

未経験から正社員就職を目指す際、プログラマー求人についても情報収集をしたい場合には、こうした就職支援サービスを活用してみる方法もオススメです。

プログラマーになるためのスキルを身に付けてから就職を目指す、といったスクールも増えています。

しかし、こうしたスクールの多くは費用(結構、高額です)が掛かる事から、あまりオススメはしていません。

お金が出せる方には良いスクールになると思います。

実践で脳みそに汗をかきながら身に付けた方が良い、という考えもありますからね。

スクールで学んできた人が思ったほど、使えない・・・と嘆くSEも多いのです。
(期待値が上がる、という事もあるかもしれません)

高卒フリーターからプログラマーを目指す方法としては、当サイトではフリーター向け就職支援サービスの活用をオススメしたいと思います。

⇒ 高卒・フリーター向け就職支援サービスを利用してプログラマー求人を探す

プログラマーに向いている人

フリーターやニートなど、未経験からプログラマーとして就職を目指すにしても、自分が果たしてプログラマーに向いているかどうか、不安になる方もいるのではと思います。

ここでは、プログラマーに向いている人の性格などについてまとめています。

プログラミングは実際に仕事で行う場合、様々な制約があります。
納期もあります。

その中で、完成に向かってどういった道のりを取るかは、プログラマーに任せられている事も多いです。

納期に間に合うように、そうした制約の中で最大限、成果が上がるように工夫を出来るかどうかもプログラマーに向いているかどうかのポイントかもしれませんね。

具体的にどんな人がプログラマーに向いている?

・集中力がある
・モノ作りが好き
・コツコツ作るのが好き
・諦めない
・勉強するのが好き、新しい事を学ぶのが好き
・論理的思考力がある
・制約、ルールを受け入れられる
・想像力がある
・協調性、コミュニケーション能力がある

などが挙げられます。

また、現実的な問題として体力がある事も重要です。

プログラマーの皆様にはお馴染みの事象と思いますが、納期前には徹夜が待っている現場も多いです。

進捗遅れを見逃していて、先輩プログラマーが急遽、一からコードを書いたりといった事もあるでしょうし、致命的なバグコードが見つかる事もあるでしょう。

クライアントからの急な仕様変更、といった可能背だって無い訳ではありません。

最後は体力勝負、といったことはよくあることです。

そのため、体力もプログラマーとして仕事を完遂するためには重要な要素として挙げたいと思います。

これからプログラマーとして未経験から就職するために求人情報を得たい方は、

⇒ 高卒・フリーター向け就職支援サービスを利用してプログラマー求人を探す

を活用されての情報収集をオススメいたします。




キーワード