就職活動を成功させるには
高卒フリーター就職サイト > 高卒フリーター就職 > 高卒フリーター就職 空白期間がある場合

高卒フリーター就職 空白期間がある場合


高卒フリーター 空白期間

高卒フリーター 空白期間がある場合の就職活動

空白期間が空いてしまっているフリーター、高卒の方も多いのでは、と思います。

空白期間が長いほど、一般的には就職に影響があり不利になることが多いです。

特に職歴なし・未経験から正社員就職を目指す場合には、書類選考も通るのが難しくなる事が増えますし、面接でも確実に、

空白期間は何をしていたのか

フリーター期間は何をしていたのか

といった事が質問されます。

そうした予想される質問に対しての答えによっては、さらに突っ込まれる質問がされたりもしますので面接対策はとても重要となりますね。

高卒フリーターで20代後半の方は、空白期間が長いと就職活動は実際、苦戦する事が多いです。

未経験から正社員就職を目指す場合には、年齢は若いほど有利です。

企業としては未経験者を中途採用するのであれば、若い方が吸収力も高く早く活躍してくれる、さらには活躍してくれる期間も長い事が期待出来ます。

先輩が仕事を教えるにしても、自分よりも年齢が上の中途入社の社員はやりにくい・・・といった事もあるかもしれません。

色々な面を考えてみても、フリーターから正社員就職を目指す場合には1歳でも若い方が有利と言えます。

まだ年齢的には時間があるかもしれませんが、30歳を超えると未経験者の就職は非常に難しくなってしまいます。
正社員になる、とお考えになったのであれば1日でも早い行動がオススメです。

空白期間 履歴書への書き方

履歴書の作成
空白期間がある場合、履歴書へどう書いたらいいのか・・・と悩む方も多いと思います。

フリーターとしてアルバイトをしていた方も多いと思いますが、病気、公務員試験を受けるため勉強に専念していた方など、色々な状況の方がいらっしゃるでしょう。

空白期間の書き方、内容についてまとめています。

フリーター、アルバイトをしていた場合

フリーターとしての空白期間がある方は多いと思います。

アルバイト経験は職歴とはなりませんが、評価の対象に考えてくれる面接官もいます。

しっかりと仕事に取り組んできた方は、アルバイトの仕事内容、どんな姿勢で仕事をしてきたか、そこから何を得たか、と言った事をアピールされると良いでしょう。

合わせて、なぜ就職をせずにアルバイトを続けてきたかも説明できるように面接対策をする事が重要です。

病気の場合

病気のために卒業時に就職活動が出来ず、フリーターになっていた方もいるでしょう。

今はすっかり完治、体調が戻っていることもアピールしつつ、志望動機へつなげていきたいですね。
病気が治ってからさらにブランク期間が空いている場合、その理由も合わせて説明することが必要です。

公務員試験の勉強

公務員試験を受けるために勉強を続けてきた、という場合には「なぜ、試験を受けるのを止めて民間企業への就職に切り替えたか」という説明が必要となります。

もしかすると、実は公務員試験に受かったら就職を取りやめよう、と考えている方もいるかもしれませんね。

そうした考え方をしている場合、志望動機も弱くなりがちですし、後から困る事にもなる可能性もありますので本当に就職を決断してからの就職活動が良いのではないでしょうか。

夢を追いかけていた

フリーターを続けてきた理由が「夢を追いかけていたから」という方もいると思います。

アーティストになりたかった、俳優やタレントとして生計を立てられるように頑張っていたけれど、年齢的に諦める事を決めた、など夢を諦めて就職する事を決めた理由を説明する事が大切です。

夢を追いかけて、やり切った上で諦めた、という方は評価してもらえる事が多いです。
他人と違う経験、努力は大きな財産になるといえますね。

面接官に対してはキッパリと夢を諦めて、正社員就職して仕事をがんばる事に決めた、と言うことはしっかりアピールしたい部分です。

家庭の事情(家族の介護など)

家族の介護などがあって、家の手伝いをしていた、といったような場合には自分ではコントロールが出来ません。

ですから、この理由による空白期間で就職活動が不利になることは少ないでしょう。
むしろ、大変な介護を積極的にやり切った、という事が言えれば責任感を評価してもらえる事は多いのではないでしょうか。

ただやはり空白期間ではありますから、その間に資格取得のための勉強をしていた、などアピールが出来ると良いですね。

ブランク(空白期間)があると本当に就職・転職は不利になるの?

高卒 フリーターから正社員を目指して就職活動をする場合、ブランク期間(空白期間)があると質問が増えますし不利になると感じる事も多いとは思います。

就職活動においては、空白期間への質問、フリーター期間への質問は避けては通れないですよね。

しかし、しっかりと準備をしておけば大丈夫です。

それでも自分一人で就職活動をする事に対して自信が無かったり、不安がある・・・という方は、就職をサポートしてくれる、

⇒ 正社員就職支援サイト

の活用がオススメです。

求人サイトを利用して情報収集をする方も多いと思いますが、実際に入社してから「どんな働き方」になるのかといった事はやはり分かりませんし、職場の雰囲気、中途採用者への教育サポート体制、給料、昇給や福利厚生に関してなど、詳しい事も分からない事が多いですよね。

正社員就職支援サイトを利用する場合、

必ず企業へ訪問をして、しっかりと職場の本当に姿を取材・確認し、求職者の方へ情報として伝える

ことを基本としていますので、詳しい情報を元にして安心して働く事が出来る企業を選ぶ事が出来ます。

求人状況によっては、希望する職種の未経験OKの正社員求人が見つからないタイミングもあるかもしれませんが、近い仕事を探したり、適性があると考えられる仕事の情報をもらったりと就職活動を進めて行く事は可能です。

高卒や大学中退、フリーターに特化した正社員就職支援サービスを利用することで、安心して働く事が出来る企業の情報を得やすくなるのは利用する大きなメリットといえるのではないでしょうか。

一部上場企業、大手企業などからの求人も見つかることがありますし、地元の知名度が低くても優良企業からの求人も保有しています。

就職支援サービスを上手く活用することで、不利になりがちな高卒フリーターの就職活動も有利に進めることが出来るようになります。

フリーターから正社員就職、空白期間が長くても大丈夫!

未経験OKの事務職
20代であれば、空白期間があったとしても、高卒フリーターからの就職活動であってとしても、求人が全く見つからない事はないでしょうし、就職も諦めなければ決まる方が非常に多いです。

未経験者の中途採用を行っている企業としては、求職者に対して重視するのは、

「人間性」

「中途で入社しても、ちゃんと馴染める人かどうか」

「謙虚に努力できる人かどうか」

と言った事です。

空白期間が長いから不採用、といった訳では決してありません

空白期間が空いてしまった理由をしっかり説明できれば問題無いケースはとても多いですからね。

あまり不安にならずに就職活動をスタートしてみてください。
もちろん、しっかりと準備をすることは大切ですよ。

高卒フリーターが就職成功するために

高卒フリーターが空白期間の後に正社員就職を目指す場合、自力での就職活動よりもサポートを利用しながら就活をした方が成功率は高いといえますので、オススメをしています。

⇒ 正社員就職支援サイト

でご紹介をしていますが、

・DYM就職
・ハタラクティブ
・就職shop
・ジェイック

などは高卒、大学中退、フリーター、既卒など20代向けの正社員求人を多く保有しており、正社員就職の支援実績も非常に多いです。

お住まいのエリアで利用可能な就職支援サービスに、まずは相談をされてみてはいかがでしょうか。

本気で正社員就職を目指す方の場合、就職相談からスムーズに仕事探しが進む事も少なくありません。

短期間で就職を希望される場合も、相談をしてみてくださいね。

書類選考無しの就職支援サービスの場合、非常に短期間で就職先が決まるケースもありますよ。




キーワード