就職できる人、就職できない人
高卒フリーター就職サイト > 高卒フリーター就職 > 高卒フリーター 就職できない人はどうする?

高卒フリーター 就職できない人はどうする?


高卒フリーター 就職できない人、できる人の差

高卒フリーター 就職できない

高校卒業後、正社員就職したものの退職。
フリーターになった方。

高卒時に事情があって就職先が決まっておらず、フリーターをしている方もいると思います。

いつまでもフリーターは不安があるし収入も少ない。
だから正社員になりたいのだけれど・・・

就職活動を自分なりに頑張っているのに、なかなか内定をもらう事ができない。

高卒フリーターだから就職出来ないのかな?

そう考え始めている方もいるのでは、と思います。

高卒フリーターに限りらないのですが、就職できない人、就職できる人に見られる共通点はあります。

これまでの就職エージェントへの取材や、実際に就職できた周りのフリーター、就職できないでいるフリーターの知り合いを見ていて、共通点が浮かび上がってきます。

なかなか就職が決まらないのには理由があるといえそうです。

就職できない人から、就職できる人へ。

高卒フリーターが正社員就職を成功させるために、抑えておきたいポイントを見ていきましょう。

高卒フリーターが活用出来る、内定率の高い就職エージェントはこちら↓

⇒ 高卒フリーター 就職サイト

でご紹介をしています。

実際の就職活動にはこうしたサポートありの就職サイトの活用がオススメです。

フリーターから内定が取れる人

高卒フリーター就職成功
高卒、フリーター、どういった状況からであっても内定をもらえる人がいます。

職歴なし・社会人未経験であっても正社員就職は可能です。

自己分析がしっかり出来ている

短期間で就職に成功する人の多くは、自己分析がしっかり出来ていることが多いです。

自己分析を行うことによって、自分が向いている仕事、興味のある仕事、強みを発揮できる仕事、長く続けられそうな仕事など、求人探しの基準を作ることが出来ますので迷う事が少なくなります。

少なくとも、手当たり次第に求人へ応募してしまい、

「本当は何の仕事をしたいの?」

といった状況になる事は避けられます。

手当たり次第に良さそうな求人に応募していると、業界・職種もバラバラなので志望動機も浅くなりますし、アピールが弱くなります。

面接では「他にどんな会社を受けていますか?」と聞かれる事がありますが、色々な業界・職種の会社を挙げてしまうのはNGです。

まずは自己分析をしっかりと行い、正社員就職を目指す業界・職種を絞りましょう。

行動力がある

最終的に内定を獲得、就職先が決まる方は行動力があります
数社、十数社と不採用になったとしても諦めず就活を続けます。

もちろん、次の書類選考や面接が上手くいくように、修正点を見つけて改善をしながら応募をしていきます。

就職活動は求人へ応募しなければ始まりませんからね。

不採用になったとしても、今回の会社とは縁が無かっただけ、と気持ちを切り替えるのが早い方が多いといえますね。

自分に合う会社はきっとある、と行動される方はチャンスも増えますので内定獲得に向かって行くことが出来ます。

志望動機が明確

内定をもらえる人は、やはり志望動機が明確でアピールできるものになっています。
曖昧さが無く、使い回し感がありません。

御社に入社したい理由、これが明確になっています。
フリーターから正社員になって、長く働きたい理由なども絡めてアピールするとさらに良いでしょう。

フリーターはどうしても「すぐに辞めるのではないか?」という事で見られる場合が多いです。

企業側としては、採用しても早期離職されては意味がありませんし、かえってマイナスです。

志望動機を明確に、長く働く事をしっかり伝える事。
つまり面接対策ですね。

面接対策をしっかり行う事で、その中で志望動機も明確にしていきましょう。
そのためにも自己分析、企業研究は欠かせません。

素直さがある

就職エージェントの方に話を聞いていると定期的に出てくるのが、

素直な人は就職が決まりやすい

ということです。

これまでに数百名といった多くの方の就職活動をサポートしてきた経験からアドバイスをしても、なかなか聞いてくれない人がやはりいる、と言います。

そうした方は「就職できない人」といって良く、実際に就活が長引いたり途中でサービスの利用を辞めてしまったりといった事もあるようです。

アドバイスや指摘したことを素直に聞いて受け入れてくれる人ほど、内定が出やすいと言います。

そうした素直さは面接でも出るのでしょう。

採用してから職場に配属されて、先輩からの仕事のアドバイスに一々反発されていたら困りますからね。
仕事になりません。

素直さはとても重要な就職成功のための要素と言えます。

身なりが清潔、第一印象が良い

身だしなみをしっかり整え、第一印象が良い事も重要です。

人は第一印象で決まる、と言うことがよく言われますが面接官の中にも「第一印象でほぼ決める」人もいます。

面接内容ももちろん合否に影響はしますが、一緒に働きたい人かどうかの大部分の判断は第一印象からする、という人は意外と多いです。

髪型を整え、靴の汚れを取り、スーツのしわを取り、面接にふさわしいカバンを持つなど、そうした基本的なことには気をつけたいですね。

面接の服装は応募する業界に合わせたものにしましょう。
迷った場合にはリクルートスーツで良い場合が多いです。

面接では一緒に働きたい人かどうか、といった視点でも見られています。

志望動機をいくら熱く語っても、身なりが酷いとだらしない印象を与えます。
仕事の管理も出来なさそう、というイメージを与えてしまいかねません。

身なりを整え、ハキハキと明るく受け答えするなど印象を良くするように気をつける事も大切です。

面接対策がしっかり出来ている

内定を獲得するためには面接を突破する事が必要です。

面接は緊張するもの。
それは仕方ありません。

しかし、緊張し過ぎて頭が真っ白になってしまい、沈黙。
聞かれた事に答えられなかった・・・が多くなってしまうのは準備不足が原因です。

十分に面接対策をすることで、自信を持って受け答えすることができるようになります。

面接対策をしっかり行っておく事で、想定外の質問がされたとしても上手くぶれずに答えられるようになるはずです。

自己分析を行い、志望動機をしっかり作れていると、より面接が上手くいくはずです。

企業研究が出来ている

企業研究がしっかり出来ている事も重要です。

面接では企業について質問される事もあります。
本当に入社を希望しているのであれば、知っているはず、といった質問です。

業務内容はもとより、社長の名前も覚えておいたほうが良い事もあります。
そうした企業の面接傾向については、就職エージェントからアドバイスをもらう事が出来ます。

参考にしながら、企業の情報も得ると良いでしょう。

就職を諦めない人が内定獲得している

繰り返しとなりますが、最終的に内定獲得する方は、

就職を諦めない人

といえます。

1社目の応募で内定獲得、就職が決まる人は少ないです。

多くのフリーターの方は、何社も受けて面接にも慣れて、やっと内定がもらえる。
そうした就活の流れを経験しているといって良いでしょう。

自力での就職活動するにしても、就職エージェントを利用して就職活動をするにしても数社~受けて内定獲得に至る方が多いといえます。

就職エージェントを活用するメリットとして、

「不採用になった理由をフィードバックしてくれる」

こともあります。

一人で就活していると、企業に不採用の理由ってなかなか聞いても教えてもらえませんからね。

これも内定率を挙げていくために重要な事と言えます。

高卒フリーターの方の就職活動にもオススメの就職サイトをご紹介しています。

⇒ 高卒フリーター向け就職サイト

アドバイス、サポートを有効活用して、内定獲得を目指してみてはと思います。




キーワード