高卒フリーター20代のうちに転職を
高卒フリーター就職サイト > 就職成功ノウハウ > 高卒フリーター 正社員内定を勝ち取るには

高卒フリーター 正社員内定を勝ち取るには


高卒フリーター 正社員になるには

高卒フリーター 正社員就職率

高卒フリーターから正社員就職、内定を勝ち取るのは簡単ではありません。
1年近く就職活動をして、結局諦めてアルバイトに専念する・・・といった方も少なくありません。

スムーズに就職活動が進み、正社員内定をもらうフリーターの方もいますが、ごく少数といって良いでしょう。

特にフリーター期間(空白期間)が長くなってしまった方の就活は、苦労する事が多いのではないでしょうか。

フリーターから正社員就職を目指す場合、フリーター期間は短ければ短いほど就職しやすいです。

少し前の資料となりますが、「若者雇用の現状と対策」に、「フリーター期間別にみた正社員になれた者の割合(20~29歳)」が掲載されています。

フリーターになってからの正社員就職率が、

・6ヶ月以内 64%

・7ヶ月~1年 58.3%

・1年~2年 52.2%

・2年~3年 58.9%

・3年超 48.9%

となっています。

参考資料:若者雇用の現状と対策

フリーター期間2年~3年の間で多少改善が見られる数値にはなっていますが、基本的にはフリーター期間が長いと就職率は下がります。

また、考え方によっては3年以上でも半数近くのフリーターが正社員就職に成功していますから、就職活動の仕方によってはちゃんと就職は出来ると考えられます。

それに以前よりも今は20代に対しては、職歴なし・未経験者であっても採用ニーズが強まっていますので、正社員就職するチャンスは多いといえますからね。

内定率も高くなっているのではないでしょうか。

ただ、それであっても若い人ほど正社員就職が有利なのは変わりがありません。

フリーターから正社員就職、年齢が若いほど有利!

高卒おすすめ就職サイト
採用する企業の立場で考えると、フリーターなど職歴なし・未経験者を中途採用する場合、若いほどメリットがあります。

・素直さがある
・仕事のやり方を柔軟に吸収できる
・これから働ける期間が長い
・やっぱり年下の方が先輩が仕事を教えやすい

未経験者はどうしても、採用してから戦力となるまで時間が必要です。

29歳フリーターを採用するのと、22歳フリーターを採用する事を考えた場合、どうしても29歳は不利になります。

普通似考えれば、30歳を超えてやっと戦力になる人材よりも、23歳頃から活躍出来る人を採用したいと考えますよね・・・

正社員就職を考えた場合、年齢が若い方が有利なのは間違いありません。
そのため、就職を考えたら行動は早い方が良いということになります。

・将来の事を考えてフリーターでは不安なので
・達がみんな正社員として活躍しているのを見て刺激を受けた
・結婚したいので正社員になりたい
・正社員になってボーナスが欲しい

フリーターを脱出して正社員になりたい

と考えた理由も人それぞれ、様々と思います。

正社員就職しようと思った理由をモチベーションに、就職活動を乗り切っていきましょう。

就職活動の期間が長くなるフリーターの方も多いと思います。
その時、モチベーションを維持するスイッチはたくさんあった方が良いですね。

高卒フリーター 就職活動の方法

フリーターから正社員就職を目指しての就職活動で、最も利用が多いのがインターネットを介して求人サイトを利用したり、就職エージェントへ登録をして就職相談・求人紹介を受ける方法です。

実際、就職成功率で考えると就職支援エージェント(就職支援サービス)を利用する方法が最もオススメといえます。

最近ではフリーター(高卒以上)の就職支援を行っている就職エージェントが増えていますから、正社員内定を確実に得たい場合、短期間で仕事を決めたい場合には利用されると良いでしょう。

就職支援サービスを利用するメリットはたくさんあります。

フリーターが就職支援サービスを利用するメリット

・自分に合った仕事、企業を紹介してくれる
・未経験OKの正社員求人だけを紹介してくれる
・自分では調べる事が出来ないような、詳しい企業の情報を得られる
・応募書類の添削
・面接対策
・日程調整の代行
・面接後のフィードバック
・内定後の研修
・入社後のサポート

最近だと書類選考無しの就職支援サービスもあります。

サポート内容は利用する就職支援サービスによって異なりますが、いずれの就職支援を利用しても手厚い事は変わりありません。

一人での就職活動と比べると、内定率も高いですから利用する価値は十分にあるといえます。

フリーターが就職支援サービスを利用するデメリット

・就職支援サービスが扱う求人にしか応募出来ない
・面談が基本なので、利用出来るエリアが限られる
・コンサルタントの能力が様々、合わない人が担当になる可能性も

デメリットとしてはこうしたことが考えられます。

メリットと比べると、デメリットの方が少ないといえますし、コンサルタントと合わない場合も会社に依頼すればチェンジしてもらう事が出来る事が大半です。

それに他の就職支援サービスに切り替えるという選択肢も当然ありますからね。

無理に利用し続ける必要は無いです。

高卒フリーター 正社員内定を勝ち取るには

内定通知書
高卒フリーターが就職活動をして内定を勝ち取るには、フリーター期間が長い方には特にですが、サポートを利用してアドバイスを受けながらの就活がオススメです。

また、職歴なし・未経験であっても就職しやすい業界や職種を狙う事も重要なポイントとなります。

そうしたフリーターが正社員就職するためのノウハウを豊富に持つのが、

⇒ 高卒フリーター 就職サイト

でご紹介しているような就職支援サイトです。

高卒、大学中退の方も多く活用して就職成功の実績があります。

同じようにフリーターから就職を目指して成功した方の話も聞けるでしょう。
そうした成功事例を聞く事で、正社員就職へのモチベーションをさらに高め、就職活動を乗り切れる事が出来るのではないでしょうか。

就職に失敗する人の共通点、就職に成功する人の共通点など、知りたい事にも的確に答えてくれるコンサルタントが担当に付いてくれることは、大きな心強さにもなると思います。




キーワード