高卒フリーター就職の悩み
高卒フリーター就職サイト > 高卒フリーター就職 > 高卒フリーター 空白期間が長くても就職出来る?

高卒フリーター 空白期間が長くても就職出来る?


高卒フリーター 長い空白期間

空白期間が長くても、フリーターから就職出来る?

フリーターから正社員就職を目指す時、空白期間(ブランク期間)は就職に影響を及ぼします。

しかし、空白期間が長くてもフリーターから正社員就職する事は可能です。

ニート歴が5年など長い方でも、行動する事で就職に成功している方もいます。

空白期間が1年、2年などあったとしても、就職活動を諦めずに続ける事で、最終的には多くの方が正社員就職に成功されています。

その際の就職活動の仕方としてオススメをしているのが、

高卒フリーター向け 就職サイト

の活用です。

空白期間は就職に影響を及ぼします。

それも長い空白期間であればあるほど、就職活動に不利になる可能性が高いです。

高卒フリーターから就職する事を考えた場合、年齢的にはまだまだ「20代前半」という方が多いのではとも思いますが、空白期間(アルバイト期間)が長くなってしまっている事で就職活動に苦戦されている方もいるかもしれませんね。

20代前半と年齢が若くても、空白期間が長いことでマイナスの評価をする人事担当者は多いと言えます。

とはいえ、既に空白期間が長く空いてしまっている場合。
時間を戻すことは出来ませんから、どう書くか、説明するかに力を入れましょう

空白期間を履歴書にどう書くか、面接でどのように空白期間をプラスに変えてアピールするか、といった対策に時間を使うことをオススメします。

就職活動をする中で、「フリーターの空白期間」については面接で必ずされる質問です。

面接で必ず質問されるのですから、避けてはいけませんよね。
答えにくい質問かもしれませんが、しっかりと面接準備をする必要があります。

フリーターの空白期間、プラスへの変え方

高卒フリーター20代のうちに転職を
正社員を目指しての就職活動、言ってみればあらゆる事をプラスに変えて面接官や人事担当者にアピールする事が必要です。

ですから、フリーターの空白期間についても少しでもプラスに変えてアピール出来るように履歴書に書いたり、面接で話す事が大切です。

高校卒業後のフリーター経験、もし大学中退して高卒フリーターとして就活をしているのであれば、中退後のアルバイト経験について、アピール出来るように職務経歴書に書いても良いでしょう。

職務経歴書とは別に、提出書類を作成しても良いですね。

アルバイトを通して、どんな仕事内容を経験したか。
バイトリーダーなどの経験は、意外と評価してもらえる事が多いです。

また1年以上など長期に渡ってしっかり働いている事も、評価されるケースもありますから、アピール出来る事を棚卸ししてみてください。

もし資格取得のための勉強をしていた場合には、それも記載されると良いでしょう。

フリーターとしてのアルバイトですが、働いていた事には変わりありませんからね。

こうした応募書類を別途作る事は、有効な場合も多いんですよ。
絶対ダメ、という人事担当者は少ないと思います。

アピール材料が多い事で、それだけ入社への熱意を感じるという担当者は多いのです。

それに不利な状況から正社員就職を目指すのですから、本命の企業に対してだけでも、こうした一手間をかける価値はあるのではないでしょうか。

応募書類でしっかりアピールして書類選考を通過。
面接に臨むことが出来れば、さらに「仕事への熱意ややる気」を直接アピールすることが出来ますから、内定の可能性を高める事が出来ます。

応募書類は面接へ進むためのツールですから、出来る限り伝わる内容にして送る事が大切です。

正社員面接で空白期間を質問された時、どう答える?

長い空白期間がある場合、正社員就職を目指す面接では確実に「空白期間は何をしていたのですか?」と質問されます。

2,3ヶ月から半年くらいまでの空白期間でれば、就職活動をしていた、といったような答えでも面接官に納得してもらえる可能性は高いです。

ただし、その就職活動の期間に正社員就職が決まらなかったので、今日、ここで面接を受けていることになりますので、その理由付けも答え方に必要となりますね。

どうしても就きたい仕事があり、こだわって就職先を探していた、といった答え方も納得してもらいやすいといえます。

もちろん、その際にはその「どうしても就きたい仕事」が、今回応募した会社でも関連した業務を行っている事が必要ですね。

面接での質問に対しての答えがズレていってしまわないように、一貫性に気をつける事も大切といえます。

空白期間が長く、良い答え方が思いつかない場合

2年、3年と長い空白期間がある場合には、素直に自分の考えが甘く就職活動をせずに過ごしてしまっていた、といった事で話すと良いでしょう。

その上で、考え方を改めて今は正社員として就職して一生懸命に働きたいと考えている、といった事をアピールするのが良いです。

話を盛ったり、ヘンに取り繕うと、受け答えが少しずつズレていってしまいます。
面接官は人材採用のプロですから、取り繕った答えは見抜かれます。

未経験者を採用する場合「素直であること」を重視する面接官はとても多いです。

そういった意味からも、過去を素直に認めた上で、今のポジティブさをアピールしたほうが良い結果になることは多いといえます。

空白期間を認めた上で、これから時間を取り戻すためにも頑張りたい、といった答え方をしたほうが評価されやすいといえるでしょう。

合わせて、履歴書の志望動機でもアピールする事が大切!

未経験OKの正社員求人に応募をするにしても、他にも応募者がいて不採用になる可能性もあります。

空白期間は確かに不利にはなりますが、

・空白期間をプラスに変えた説明
・志望動機など、その他のアピール

によって就職への熱意、やる気をアピールする事が出来れば、正社員として内定をもらえる可能性は十分にあります。

空白期間があったとしても、内定をもらえる方は多いです。

それに、未経験OKの正社員求人を出す企業は、人物重視で良い人材がいたら採用をしたいと考えています。

書類選考や面接は、良い人材を探すための採用選考です。

「落とすためではなく、良い人材を採用するためのもの」として、どういったアピールをすると採用担当者に印象を残せるか、といった事から考えてみても良いかと思います。

しかし、就職活動をしていて・・・

どうしても空白期間の説明がうまくアピールに繋がらない

志望動機が弱いと感じる

など悩んだりした場合には、

高卒もOK、フリーター就職サイト

を活用して、フリーターや既卒の就職支援の経験を豊富に持つ、エージェントに相談をされることをオススメします。




キーワード