女性フリーター就職に成功する共通点

高卒後の就職サイト


高卒 就職サイト

高校卒業後の就職活動

高校卒業後の就職活動は、新卒とは比べて一転して苦労される方も多いです。

企業側からすると、やはり考えるのは「どうして高卒新卒で就職しなかったのだろう?」といったことです。

病気や留学などで就職活動が出来なかった場合には、素直に今、就職活動を行っている理由を説明されると良いでしょう。

そうでは無い場合、短期での退職なども含めて就職活動をしている場合には苦労されるケースは多いと言えます。

高校卒業後の就職活動では、自分に仕事を見つけることが大切です。

しかし、一人で就職活動をしていると業界・職種を選ぶ時にも迷ったり不安に感じたり、といった事も多いのではないでしょうか。

そうした場合には、高卒OKの就職支援サイトを利用する方法がオススメです。

多くの求人の中から一人ひとりに合った仕事、就職先を探すサポートをしてもらう事が出来ます。

応募書類の添削、企業研究のための詳しい情報、面接対策のサポートなどまで。

大部分を代わりに行ってもらう事が出来るため、就職活動も楽に進める事が出来ます。

高卒後の就職サイト

高卒おすすめ就職サイト
高校卒業後、

高卒で未経験でもOKの企業からの正社員求人

を中心に紹介してもらえると就職活動が効率良く進められますよね。

一般的な求人サイト、ハローワークを利用した場合、大卒以上の求人も多いですからね。

また、本当に「高卒以上や学歴不問で、未経験者OK」の求人を探す事にも苦労する場合が多いんです。

求人に未経験者OK、と書いてあっても・・・実は経験者を採用したいと考えている事は意外と多いのです。

実は「未経験でもOK」と書くと応募者が増えるので、そうしているといったケースがあります。

ここでご紹介している就職支援サイトは、

本当に高卒OK・学歴不問の正社員求人

を多く取り扱っていますので、効率良く就職活動を進める事が可能です。

高卒おすすめ 就職支援サイト

次にご紹介しているのは、高卒後、フリーターや既卒からの就職支援サービスを展開している就職エージェントです。

こうした就職エージェントを利用した場合、求人紹介から企業研究のための情報、面接対策、面接や入社日の調整などまでサポートを受ける事が出来ます。

効率良く就職活動を進めていけるメリットがありますね。

⇒ DYM就職

DYM就職の対応エリアは、【東京、大阪、福岡、札幌、名古屋】となります。

⇒ ハタラクティブ

ハタラクティブの対応エリアは、【東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、大阪近郊】と一都三県・関西となります。

⇒ 就職shop

就職shopの対応エリアは、【東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫、京都】となります。

⇒ ジェイック

ジェイックの対応エリアは【東京・千葉・神奈川・埼玉・愛知・大阪・神戸・福岡/北九州・宮城】など、期間限定で就職支援を行っているエリアもあり対応地域が多い事が特徴です。

高卒 就職にオススメの職種

高卒は大卒よりも応募出来る求人が少ないです。
また職種に関しても制限されるケースもあります。

高卒・未経験者歓迎で求人が見つかりやすい職種としては、

・販売、接客
・営業
・プログラマー
・ガテン系
・事務
・介護

といった仕事などがあります。

就職を希望される地域によっても、かなり偏りはあるかなと思います。
地方にいくとプログラマーの未経験求人ってほとんど見つからないですよね。

中には、希望の職種が地元では見つからないために、上京しての正社員就職をお考えの方もいるかもしれませんね。

高卒新卒の離職率が高い理由、転職について

高卒新卒で就職した新社会人の離職率は高いというデータが出ています。

離職率が決して学歴で決まる訳ではない、とは思いたいところですが基本的には大卒よりも高卒の方が離職率は高くなっています。

平成29年の資料となりますが、

「新規学卒就職者の3年以内の離職率は新規高卒就職者40.8%、新規大卒就職者32.2%」

という離職率が発表されています。

参考URL:厚生労働省 新規学卒就職者の離職状況(平成26年3月卒業者の状況)

事業所規模が大きくなると離職率が下がる傾向にはありますが、高卒新卒の場合には大企業にそこまで多くは就職していない、といった事もあるのでしょう。

高卒離職率は40%以上ですから、いかに短期離職が多いかを表しています。
(ちなみに中卒の離職率は約67%です)

退職理由としては、

・仕事が合わなかった
・上司と合わない(人間関係など)
・残業が多すぎる
・ノルマがきつ過ぎる
・やりたい仕事ではない(希望の配属ではない)
・給料が安すぎる

といったようなものがあります。

中でも多い職理由としては、「仕事が自分に合わなかった」というものがあり、就職活動時と入社してからの仕事に大きなギャップがあることが分かります。

確かに実際に働いてみると分かる事は多いですからね。

とはいえ、就職した会社が実はブラック企業だった・・・という場合には、早期に退職してもっと働きやすい会社で働いた方が精神的にも体力的にも良さそうです。
(ブラック企業も入社してから初めて分かることは多いです)

入社してからのギャップの大きさを防ぐには、就職活動時の情報収集がやはり重要です。

次も同じような失敗をしない事が大切ですね。

短期間で2回目、3回目と転職回数が増えるのは、やはり避けた方が良いです。
転職回数が増えるほど、転職成功率は落ちていきます。

例えば高卒後、20歳までに転職回数が3回、4回はやはり多い考える採用担当者は多でしょう。

その時々で退職理由はあるのでしょうけれど、職歴だけをみると完全に、

短期間で辞めてしまう人

になってしまいます。

書類選考も通らなくなります。

既卒 職歴なし 高卒の就職活動の方法

高卒既卒者、就活セミナーへの参加
高校を卒業、何らかの事情によって就職先が決まっていない場合には既卒として就職活動をする事になります。

高校卒業をしていれば、就職活動においてそこまで不利になるという事は無いでしょう。

もちろん、求人への応募条件で「大学卒以上」となっている求人に関しては、応募はできなくはなりますが、他にも多数の職種求人があります。

就職活動の方法としては、

・ハローワーク
・求人サイト
・就職エージェント
・バイトから正社員登用
・正社員登用前提の契約社員
・紹介予定派遣
・知り合いのコネ

などが挙げられます。

高校卒業後、年齢がまだ若い方が多いと思います。

フリーター・ニート生活を経ていたとしても、19歳、20歳前後の既卒の方が多いのではないでしょうか。

職歴なし社会人未経験から正社員就職を目指すにあたって、最も重要なのは「年齢が若い」ことです。

20歳前後、20代前半であれば、まだまだ十分に職歴なし既卒者も正社員として採用される可能性は高いです。

ポテンシャル採用をしてもらうにしても、30歳を超えているとやはり採用は難しいですよね。

20代前半だからこそ、しっかりと志望動機や面接のマナー、既卒者への質問に対しての答えを準備しておくことで内定獲得をする事が可能となります。

もし、自分で面接対策をする事に不安があるようでしたら、就職エージェントを活用して面接対策も含めてサポートを受けられる事をオススメします。

⇒ 高卒おすすめ 就職支援サイト

高卒 既卒の就活で問題視されるのは「空白期間」

高卒20代の転職
高卒既卒から正社員就職を目指すにあたって、人事担当者がや面接官が気にするのは「空白期間が長い場合」です。

例えば高校卒業後、5年間のブランク期間があるとした場合、

「5年間も、何をしていたの?」

と普通に思いますよね?

もし、逆の立場でもそう疑問に思うはずです。

アルバイトをしていない期間もあるかもしれません。
ニートだったのかな?

もしかして、あまりやる気が無い人なのでは?

など求職者の経歴を見て面接官は思うはずです。

既卒の就職では、正社員就職しやすいのは卒業してからすぐ。
そして、期間が短いほど、内定獲得はしやすい傾向があります。

それはやはり、空白期間が長く空いてしまう事の不利さであったり、その分年齢が上がる事も影響しているでしょう。

20歳と25歳の応募者がいた場合。
両者とも、職歴なし・社会人経験なし。

であれば、若い方を採用した方が伸びしろもありそうです。
素直さも期待出来るでしょう。

色々と比較をされると、空白期間が長い既卒者はやはり不利になる事が多くなってしまいます。

そのため就活の方法を選び、少しでも有利に就活を進められるようにする事が重要といえます。

高卒後、自分に合った企業を選ぶには

自分に合った就職先を選ぶには、

就活の目標

が大切です。

なんとなく、で選ぶと早期離職する可能性は高いと言えます。

・事務職が楽そうだから
・給料が高そうだったから
・社長が良さそうな事を言っていたから(ブラック企業は良い事ばかり言う傾向はあります)
・特にやりたい仕事ではなかったけれど、家が近かったので

といった場合には、早期にやっぱり仕事辞めたいな、と思う傾向はあるでしょう。

就職活動の際、自己分析をしっかりと行う事が大切です。

自分がやりたい仕事は何か、自分に向いている事は何か、将来どんな風になりたいのか(どんな生活を送りたいか)。

といった事も含めてしっかり自分と向き合って考える事が必要です。

就職する目標が明確になると、それに合った仕事や企業を探しやすくなりますので、スムーズに就活を進める事が出来ます。

また色々な求人をみると、つい給料が高い企業に興味を惹かれますが就職する目標が明確な場合、ぶれなくなります。

自分に合った企業選びがしやすくなりますので、就職先選びに失敗する事は格段に減るはずです。

企業研究を行う方法ですが、可能な限り情報収集を行う事も大切ですね。

とはいえ、高卒後の就職先としては中小企業が多いでしょうから、自力での就職活動の場合にはそこまで深く企業の情報を得るのは難しい事もあります。

転職活動の時もそうなのですが、企業の実際の職場の雰囲気や、入社後の仕事内容、残業や休日数など実際の話などを知るにはエージェントの活用がオススメです。

高卒後の就職をサポートしてくれる就職支援サイトも多いですから、そうした正社員就職支援サービスを利用する方法もオススメです。

⇒ 高卒おすすめ 就職支援サイト

でもご紹介をしていますが、こうした就職支援サイトでは高卒既卒、高卒フリーターの方も応募しやすい未経験OKの正社員求人を多く紹介してくれます。

高卒後、就職活動に苦労されている方は、こうした就職支援サイトを活用することで短期間に就職成功される方も多いです。

また就職について相談しながら就職先を探していく事も出来ますので、

「特にやりたい仕事が見つからなくて・・・」

といった方にもオススメです。

情報収集のために登録してみたい、という気軽な利用スタートの方も多いですね。

これからの就職活動に活用してみてはいかがでしょうか。




キーワード