高卒既卒の就職
高卒フリーター就職サイト > 高卒既卒の就職活動 > 既卒職歴なし 19歳 高卒フリーター就職サイト

既卒職歴なし 19歳 高卒フリーター就職サイト

既卒職歴なし 19歳 高卒フリーターが就職するには

高卒既卒職歴なし。
19歳フリーター、ニートが就職するには。

なかなか採用してくれる企業は無いのでは・・・と不安になっている方もいるかもしれません。
しかし年齢的には19歳、20歳前後は将来性もありますし、柔軟で仕事に関する知識の吸収力も高いと考える採用担当者は多いです。
既卒で職歴が無い方が真っさらで良いという採用担当者もいますので、学歴や職歴がないことはそこまで不利になることはありません。

高卒既卒職歴なし、といった状況から就職を目指す場合。
重要なのは実は「空白期間」です

高校を卒業、既卒となってからの経験をどうアピールするか。
ポテンシャル採用してもらうために、しっかりと面接対策をすることが重要になります。

面接対策は第三者による模擬面接が効果的です。
記事中でご紹介しているような就職支援サイトを利用することでも、面接対策をサポートしてもらうことが出来ます。

高卒 既卒職歴なし 19歳フリーターが正社員就職するには

高卒で既卒になった方の就職ですが、十分可能です。

19歳であっても就職を希望されている方であれば利用可能な就職サイトは多くあります。
また、年齢が20代までであれば正社員就職できる可能性はとても高いです。

既卒後、フリーターやニートになっていたとしても就職のチャンスを得られます。

職歴なし・社会人経験なしでの10代、20代といった若手人材を採用したいと考える企業は多く、求人の探し方、就活の仕方さえ間違わなければ正社員として仕事に就く事は出来ます。

高卒既卒から正社員就職するために利用できる就職サイトをご紹介しています。

高卒19歳フリーターの就職

高卒フリーター20代のうちに転職を

高卒19歳でフリーターから就職を目指す場合、重要となるのはいかに書類選考を突破するか、そして面接に進んだときには空白期間の答え方です。

書類選考については年齢的に応募可能な正社員求人も多く見つかりますから、志望動機をしっかりと書くことで突破できる可能性は高くなります。

問題は、面接対策です。

フリーターが面接で確実に質問されることの一つに、

「高校卒業後、就職活動をするまで、空白期間に何をしていたのか」

といったことがあります。

何をしていたと言われても・・・と困ってしまうフリーターの方も多いと思います。

へんに話を盛らずに、素直にアルバイト生活をしていたこと、どうして高校卒業後に就活をせずにアルバイトをしていたのか、どんなアルバイトをしてきたのか。

そうしたことを面接で話し、どういうきっかけで就職をしようと思ったのか、どういった就活の仕方をしてきたのか、といったことをポジティブに話すことが大切です。

面接官はたくさんの面接をこなしていますから、嘘はばれやすいですし、話を盛っている場合も見抜いていることが多いです。

素直に話すことが一番効果的な場合は多いといえます。

面接官が気にしているのは、

すぐに辞めそうな人かどうか

入社して周りのスタッフとコミュニケーションが取れるかどうか

といったことです。

そうした面接官の気持ちを理解して、面接対策をすることで面接突破の可能性が高くなるといえます。

高卒フリーターの就職にも強い、オススメ就職サイト

高卒フリーターの就職支援にも多くの実績がある、オススメの就職支援サイトをご紹介しています。

こうした就職支援サイトを上手く活用されることで、得られる情報が自分一人での就活よりも飛躍的に多くなります。

職場の詳しい情報などは、自分では情報収集は難しいです。
(口コミサイトなどでは分からない企業の方が多いですし、口コミは基本的にネガティブです)

就職するための手厚いサポートを受けながら、自分に合った就職先を探す事が出来ます。

ジェイック

ジェイック

正社員就職支援に強いジェイックです。

既卒、職歴なし高卒フリーターの方の中には就職活動に不安があったり、就活って何から準備をしたら良いのか分からない・・・という方にいると思います。

ジェイックは就職支援講座を通して、ゼロの就職活動という方でもしっかりと準備をして面接に参加することができます。

自己分析、応募書類の作成、面接対策など、ビジネスマナーなど正社員として働くための準備ができることが特徴です。

ジェイックは書類選考なしで面接を受けることができることも、内定率の高さにつながっています。

既卒 高卒フリーターの就活は孤独です。

ジェイックは同期とも言える仲間ができることも特徴として挙げることができます。

正社員として職歴をスタートしたい既卒フリーターやニートの方におすすめの就職支援サービスです。

不定期開催の地域もありますが、利用できる地域は他サービスよりも広いこともジェイックを利用するメリットです。

⇒ ジェイック 就職支援の詳細はこちら

ハタラクティブ

既卒から正社員就職を目指す方も、手厚くサポートしてくれるハタラクティブです。

ハタラクティブは幅広い求職者の方の就職サポートが可能です。
書類選考が必要無い求人も多いですし、書類通過率も9割近い実績があります。

女性向け求人も多数。

高卒既卒、高卒フリーター、大学中退の方も就職実績が多いですね。
中卒フリーターの方も就職成功の実績あり。

ハタラクティブは東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、愛知、福岡、兵庫で正社員の仕事探しをされている方向けです。
(対応エリアの情報は、2020年6月時点のものです)

⇒ ハタラクティブ 詳細はこちら

DYM就職

DYM就職は東京・大阪・名古屋・福岡・仙台・札幌と拠点・面談会場があります。

高卒以上、10代・20代の正社員就職支援行っています。
フリーター・既卒・早期離職した方なども就職先探しに活用出来ます。

DYM就職ではスピーディーに選考が進みます

高校卒業後、フリーターをしてきて就活に不安がある方も安心して就職活動をする事が出来ます。

面接対策なども応募する企業に合わせてしっかり対策をサポートしてもらえます。

⇒ DYM就職 詳細はこちら

就職shop

就職shopは求人数の多さが魅力の就職エージェント。
リクルート運営、業界トップクラスの求人数となっています。

高卒&大学中退の方でも利用する事が可能です。

会うことに力を入れている就職エージェントですので、面談を通じてしっかりと強みや向いている仕事を見つけ、求人紹介を行ってもらえます。

店舗は東京、神奈川、千葉、埼玉、大阪、兵庫、京都と、関東・関西に集中しています。

就職shopでは書類選考無しで面接を受けることが出来ます。

様々な業界・職種の未経験OKの正社員求人がありますので、選択肢を多く持ち、仕事を探してみたい方にもオススメです。

⇒ 就職shop 詳細はこちら

高卒既卒、職歴なし19歳の就職で気をつけたいミスマッチ

就職先を選ぶ際に気をつけたいのが、早期離職しないためにミスマッチを減らす事、です。

初めての就職先となる高卒既卒の方も多いと思います。

その場合、就職先を選ぶにしても当然ですけれど、今まで正社員として働いた経験がないので、

「比較」

のしようが無いですよね。

そのため、自分が就職するにあたって「何に気をつけたら良いのか」がよく分からないです。

仕事を続けていくにあたり、

・労働時間や休日の多さが大切なのか
・人間関係が大切なのか
・身に付く経験、スキルが大切なのか
・給与の高さが最優先なのか

どこを実際に優先したら仕事を頑張りやすいか、が自分でも分かっていないことがあります。

早期離職で多い理由

実際、正社員就職した人の早期離職の理由で多いのは、

労働時間・休日・休暇の条件がよくなかった

人間関係がよくなかった

仕事が自分に合わない

の3つという調査結果が出ています。

労働政策研究・研修機構の調査

労働政策研究・研修機構の調査から)

こうした情報を就職に先立って調べておくことも大切と思います。

19歳であれば、これから先の人生の中で2回、3回と転職する方は多いでしょう。

求人へ応募する場合、人事担当者、面接官がまずどこを見るかというと履歴書の職歴欄です。

今までどんな仕事を経験してきたのだろう?と職歴を見る人が多いです。

そこで、

早期離職

が職歴にあるとすぐにイメージされるのが

「仕事が長続きしない人かもしれない」

「少しの不満で辞める人なのではないか?」

といった事です。

その印象をひっくり返して、しっかり長く働ける人材であることをアピールする事に非常に力を使うことになってしまいます。

出来れば、早期離職は避けたいです。

フリーターから就職して早期退職しないためにも、企業の情報収集が大切

そのためにも、初めての就職だからこそ情報収集が大切となります。
やはり3年は一つの仕事を続ける、といった事を重視する傾向はあります。

就職して1年以内、2年など早期離職にならないように自分に合った職場を見つける事が大切です。

そのための職場の詳しい情報については、

⇒ 高卒既卒の就職にも強い、オススメ就職サイト

で得る事が出来ます。

企業へ担当者が直接足を運び、情報収集をしています。

実際に人事担当者や社長、役員など経営層からも情報収集している事も少なくありませんから、得られる情報の質・多さは求職者にとってメリットがあります。

一人で就活しても得られる情報は限界がありますからね。

就職活動についてもトータルで手厚いサポートが得られますから、高卒既卒の就活にも強く活用をオススメしたいと思います。

ミスマッチによる早期離職、「給与以外が多い」事実

早期離職の原因は上記で見たように、

「労働時間・休日・休暇の条件がよくなかった」

「人間関係がよくなかった」

「仕事が自分に合わない」

が主な原因です。

給料の低さによる不満は、直接大きな退職理由にならない事が分かります。

以前から言われていた、

「人間関係が良く、働きやすい職場は離職率が低い」

という事が、こうした調査結果からも分かります。

高卒既卒で就職先をお探しになる場合、ミスマッチによる早期離職を起こさないためにも、「給与・年収」以外の条件、職場の環境にぜひ注目をして情報収集をしてみてはいかがでしょうか。

職歴なし19歳、高卒既卒なら正社員就職は十分可能です!

19歳という若さを武器に、正社員就職することは十分可能です。

企業としてはむしろ転職しやすい年代ということで、

「採用してもすぐに辞めてしまわないか」

を気にする事が多いといえます。

そのため、面接では長く働きたい理由、入社して身に付けたいスキルや経験、仕事を通してどんな人材になっていきたいか、と言った事もアピールされると良いですね。

ポジティブで未来志向の人は、採用して伸びる、会社に貢献してくれる、といったイメージを持ってもらいやすいです。

就職のミスマッチには十分に気をつけたいですね。

そのためにも、

⇒ 高卒既卒の就職にも強い、オススメ就職サイト

を活用しての情報収集をオススメしています。

希望の就職先によっては、こうした就職支援サイトを活用出来ない場合もありますが、その場合には、リクナビNEXTやハローワークなどを活用する事で、地元の正社員求人を見つける事が可能です。

またそれぞれの地域には、地元に特化した求人サイトや就職エージェントもあると思いますので、探して利用する方法もおすすめです。

ただし、規模が小さく求人数が少ないことが多いため、就活に併用される方法が良いと思います。

既卒職歴なし19歳フリーターが就職した方が良い理由

19歳フリーター、就職を目指す

19歳のフリーターなら、

まだ若いし正社員にならないでバイトをガッツリやって稼いだ方が気楽で良いかな

という人も多いかもしれません。

実際、東京都内などであればバイトを掛け持ちしたり高時給のアルバイトでシフトを多く入れて長時間働けば、月収20万円を超えることもできるでしょう。

月収20万円は結構な金額ですよね。

下手をすると、正社員1年目の手取りよりフリーターの方が稼げます。

でも・・・

ずっとフリーターで稼ぎ続けるのは厳しいですよね。

フリーターは「雇用が不安定+時給アップもほぼ無し」の働き方です。

時給もアップしても10円、20円といったところでしょう。

19歳フリーターと30歳フリーター、同じ仕事をする以上、時給はほぼ一緒ではないでしょうか。

何歳になっても賃金が上がりません

今はまだ19歳と若いのでフリーターでも良いかもしれません。
もし今のバイト先を解雇されたり、お店が潰れたりしても次のアルバイト先は見つかりやすいです。

しかし、20代後半になり、30代になり・・・ずっとフリーターでいる将来はやはりイヤですよね?

19歳の間にフリーターを脱出、正社員就職を目指すメリットは大きいです。

19歳と若さがあるため応募出来る求人も豊富です。
就職しやすいですし、未経験が前提で採用選考してもらえますからポテンシャル採用を狙って就活ができます。

年齢を武器として行動量が伴えば、すぐに就職を決めることも可能です。

ただし、就職先はしっかりとキャリアを積める会社を選ぶことが大切です。

そのための情報収集に、企業を取材し内部情報を出来る限り集めている、未経験者の正社員就職を支援する就職エージェントが役立ちます。

ずっとフリーターでいることは、将来のリスクにつながります。

それにフリーターと正社員では給料の格差もあります。

正社員になるのが遅くなるほど、生涯賃金の差は開くといえます。

19歳の就職は迷うのが普通。挑戦してみることが大切です

高卒フリーターの就職活動
19歳で就職活動をする時、とても迷うと思います。

どんな仕事が自分に向いているか分からないし、それにやりたい仕事も特に無い。
でも、フリーターやニートとして不安定な生活は避けたい

親も心配するし、やっぱり正社員就職した方が良いんだろうな・・・

就職して自分の生活がどんな風に変わるのか、不安や期待もあると思います。

フリーターでいるよりも、社会人として、正社員としてキャリアをスタートする大きなメリットがあります。

それは、早く就職して働いた方が生涯賃金が多く得られること。
そして正社員として働くことで、社会的な信頼が得られること、です。

仕事探しに関しては、迷って当たり前です。

どんな仕事が自分に合っているか、まずは挑戦してみることが大切といえると思います。

今は1回、2回の転職は当たり前。
20代ならまだまだ新しい仕事、未経験の職種へ転職を挑戦することも可能です。

ひとつ言えるのは、フリーターやニートでずっと20代を過ごしてしまい、30代になってしまうと正社員になるのが難しくなってしまうということ。

就職というスタートラインに立つ事も出来ず、その後もずっとフリーターや派遣社員、契約社員など非正規雇用しか働く道が無い可能性があるということです。

正社員になるための就職活動が遅くなればなるほど、就職ができなくなります。

19歳で正社員のキャリアをスタートさせる強み

19歳、高卒既卒、フリーター・ニートであっても、まだまだ正社員就職しやすい年齢です。

ポテンシャル採用が狙える業界であれば、就職を狙えるのが19歳といえます。

まずは就職して働いてみる、社会人として経験を積んでみる。
挑戦して分かることはとてもたくさんあります。

自分に合っている仕事に1回で就職できる人はほとんどいないと思います。

一度正社員就職して働いてみると、次の職場探しの際にはもっと色々な情報を気にして、自分に合った転職先を見つけられるようになっていると思います。

少しでも就職したい、といった気持ちがある方は高卒既卒の就職支援にも多くの実績がある就職サイトをぜひ活用してみてください。

自力での就活と並行して利用するのもオススメです。

就職エージェントからのアドバイスを活かして就活に取り組む方もいますからね。

どちらの就活であっても、自分に合った仕事が見つかることが大切ですよね。

情報収集、就活準備、面接対策などとても多くのことに活用できる就職支援サービス、ぜひ活用してみてください。

19歳 既卒 職歴なし高卒フリーターから就職できない場合

女性フリーターの悩み

もうすぐ20歳だし、19歳の間に就職したい・・・という気持ちが強い方もいると思います。

年齢が上がると就職の難易度も上がります。

もし、

「高卒でずっとフリーターだったから就職は難しいかな・・・?」

といったようなことで就職活動にブレーキがかかっているのでしたら、もったいないといえます。

職歴なし、未経験から正社員就職を目指す場合、年齢は大きなアドバンテージになります。

簡単に言うと、1歳でも若い方が就職活動には有利、といえます。

若い人材の方が素直、適応力がある、長く活躍してくれる、といったことを企業は期待しやすいです。

未経験者を採用する場合、

素直さ

を重視する企業はとても多いです。

19歳で就職活動を行って、就職が出来ない場合には、

・求人を選び過ぎている
・就職に対してネガティブになりすぎている
・企業研究が不足している
・面接対策をしていない
・本当は就職したくない

といったようなケースが考えられます。

もちろん、本人なりに真剣に就職活動に取り組んでいるのに、書類選考で落ち続ける・・・面接がどうしても突破出来ない、といったこともあるかもしれません。

その場合、履歴書や職務経歴書の書き方でNGがあったり、志望動機が弱かったり、面接対策が間違っていたりする可能性があります。

自分ではなかなかそうした就活の間違い、修正点に気づくことが難しいため、記事中でご紹介しているような就職支援サイトを利用してアドバイスを受ける方法などが効果的です。

既卒 職歴なし 高卒でも就職できる?不安になったら・・・

就職活動をしていると、不安になることも多いと思います。

「既卒 職歴なし 高卒」

他にも自分自信で就活が厳しくなる理由と思っているネガティブな部分があれば、なおさらではないでしょうか。

既卒職歴なし高卒のフリータ、ニートだから就職できない、といったことはありません。

記事中でご紹介したような

⇒ ハタラクティブ

⇒ DYM就職

⇒ 就職shop

といった就職エージェントを利用することで、あなたと同じような境遇から正社員に就職成功した話も聞くことができると思います。

求人に関しても、内定が貰える可能性のある企業を中心に紹介してもらえますし、さらに内定率を高めるためのサポートが受けられます。

応募したい求人があるかどうかは、今の状況によりますので、併用してみる方法も良いでしょう。

今後、さらに就職市場は難しくなることが予想されます

できるだけ早く、フリーターや無職といった状況から正社員として就職し、キャリアをスタートされることをおすすめします。

職歴なし未経験から就職しやすいのは、やはり20代です。

自力の就活と併用するのもありですよ。

既卒職歴なしから就職を目指すには、1歳でも若い年齢が有利と言えますので、就職支援のエージェントをぜひ活用してみてはと思います。



キーワード