高卒フリーターの末路、悩み
高卒フリーター就職サイト > 高卒 就職 > 高卒 就職できなかった場合

高卒 就職できなかった

高卒で就職できなかった

高卒で就職できなかった、というケースも考えられます。

高卒の就職率はこの数年は非常に高い就職率の推移になっていますが、高校卒業までに就職先が決まらなかった人もいるでしょう。

事情があって進路が急に変更になり、高卒フリーター・ニートなど就職できなかった状態になってしまった・・というケースもあるかもしれません。

今後数年はコロナの影響もあり高卒者の就職率も下がることが予想されます。

高卒で就職できなかった場合、高卒既卒としてどのように就職活動を行っていくと良いのか。

高卒で正社員就職を目指す就活方法をいくつかご紹介します。

高校卒業後の就職活動

キャリアスタート

高卒、フリーター・既卒・大学中退・第二新卒といった方向け、就職支援を行っているキャリアスタートです。

仕事が見つからない・・・と悩む方はぜひ利用を検討してみてください。

驚異の内定率86%!

定着率も92%以上だそうです。

「自分に向いている職種、企業が分からなくて・・・」

といったフリーターの方も多くキャリアスタートを利用しています。

職歴なし未経験、フリーターからの就職に強い就職エージェントです。

⇒ キャリアスタートに就職相談をしてみる

高卒 就職率の推移

この数年、高卒者の就職率ですが、非常に高い割合で推移しています。

就職率だけを見ると、就職希望者のほとんどが内定を貰い、正社員として就職に成功しているといえます。

高卒 就職率の推移

平成31年3月 98.2%(男子98.5%、女子97.6%)

平成30年3月 98.1%(男子98.5%、女子97.4%)

平成29年3月 98.0%(男子98.5%、女子97.4%)

平成28年3月 97.7%(男子98.3%、女子96.8%)

平成27年3月 97.5%(男子98.1%、女子96.4%)

平成26年3月 96.6%(男子97.5%、女子95.1%)

平成25年3月 95.8%(男子96.9%、女子94.2%)

しかし、100%の就職率ではありませんから高卒時に就職が決まらなかった、という人も毎年一定数いるということになります。

高卒で就職が決まらなかった場合の進路

高卒で就職が決まらなかった場合の進路として、フリーターになる人が多いでしょうか。
ニートで親のすねをかじっても良いのですが、やはり自分のお小遣い、生活費を稼ぐためにフリーターとしてアルバイトをする人は多いのではないでしょうか。

アルバイトから正社員登用を目指す、という人もいるかもしれません。

もしくは高校卒業後、高卒既卒として正社員になるために就活をする。

公務員試験を目指す。

10月入学の専門学校に入学する、大学入学を目指して勉強する、といった進路などを考えることが出来ます。

今年、2020年(令和2年)はコロナの影響もあり選考スケジュールが1ヶ月遅くなるなど影響が出ています。

また企業側としても、今後の業績の見通しが不明、といったところも多く新規採用を見合わせたり、採用人数を絞る、もしくは最悪のケースとして内定を出したものの業績が悪化、内定取り消しといった事態も想定されます。

この数年、高卒の就職率の推移は右肩上がりでしたが、内定率が下がることが予想されます。

今年の高卒就活については、例年以上に難しさがありそうです。

高卒の就職後3年以内離職率

また、新規学卒就職者の就職後3年以内離職率ですが、高卒は約4割と非常に高いことも抑えておく必要もありそうです。

就職先の企業規模が小さいほど、高卒者の3年以内離職率も高くなる傾向があります。

参考:厚生労働省 新規学卒就職者の離職状況(平成28年3月卒業者の状況)を公表します

高卒後、フリーター期間が長くなると就職が難しくなる?

高卒後、フリーター期間が長くなると就職率が下がる、という調査結果も出ています。

卒業後、6ヶ月以内の内定率が高く、それ以降は内定率は下がっていく、というものです。

高卒、大卒問わずフリーター期間が長くなると、企業側からの評価は下がることは予想されますので、正社員として就職するのは難しくはなっていくでしょう。

高校卒業後、就活する時期はいつでも良いといえます。

高校在学中の新卒就活の場合には、就活スケジュールもありましたし、一人一社制という縛りもあり就活のしにくさを感じていた人もいるかもしれません。

しかし既卒になった後は、就活は同時進行が基本です。

高校時代とは違う就活の仕方にとまどってしまい、就活のやり方が分からずに就職活動がスタートできない・・・といったことになる可能性もあります。

なんとなく就活をする気にならなくて、といった人もいるかもしれませんね。

一人での就職活動に迷ってしまったら、高卒フリーター おすすめ就職サイトなどを利用して、専任のアドバイザーから就活のアドバイスを受けたり、実際に高卒OKの正社員求人を紹介してもらうなどされる方法もおすすめです。

ハローワークを利用して求人を探す方法、上記のように民間の就職エージェントを利用して就活する方法などもあります。

まだ若いし、しばらく就職しないでフリーターでも良い?

高卒で就職が決まらなかった場合、改めて、これからどうするかを決めることが出来ます。

親も元気で生活できている場合、高校卒業後は学校生活も無いし、アルバイトでお小遣いを稼ぎながらしばらくは気楽に生活するのも良いかな・・・

と、フリーター生活やニート生活をするという人も多いかもしれません。

しかし、フリーターやニート生活を長く続けると、その楽さに慣れてしまって就活をするのがどんどん後になってしまう可能性があります。

そうしている間に年齢も重ねてしまい、気付けば高校卒業後3年、4年・・・場合によっては20代後半までフリーター、ニートを繰り返して、といった可能性もあります。

そうなると空白期間が7年、8年といった長期の年数となります。

空白期間の長さは高卒既卒の就活に影響する?

さすがに年齢的にも就職は難しい年齢になってきますし、企業側が職歴なし未経験者を採用するときは、

空白期間の長さ

はかなり気にします。

そのため、そろそろ正社員にならないと、と就活を始めたとしても書類選考が全然通らない・・・という状況も考えられます。

また年齢が上がるにつれて、応募出来るアルバイトの求人も減ってきます。

年齢的に将来のことをそこまで考えるのも難しいかもしれませんが、年齢が上がる、空白期間が長くなることで、正社員就職が難しくなることは理解されておいた方が良いかもしれません。

高卒フリーター 関連記事

高卒フリーターの末路

高卒フリーターのまま年齢を重ねたら、将来はどうなるでしょうか。高卒フリーターの末路はどうなるのでしょうか。

高卒で就職できなかったから終わりではない!

既卒で就活する

高卒で就職が決まらない・・・進路未定のまま高校卒業を迎えてしまった、といったからといって、人生終わりではありません。

もしかすると、高卒で就職できなかったことで、

「地元の良い会社、優良企業にはもう就職できないのでは・・・」

とネガティブになっているかもしれません。

しかし、一生暗い気持ちで過ごす必要はありません。

高卒新卒として就活はできなくなりますが、卒業後フリーターやニート期間が空いたとしても、正社員として問題なく就職できる年齢です。

それに中小企業は本当にたくさんあって、その中には一般的には知られていない優良企業がたくさんあります。

高卒で就職しても、もしかすると第二新卒で転職している可能性もあります。

最初に就職した会社で定年まで働く、といった時代でもありませんからね。

転職を前提で、どんなスキル・経験を積むことができるのか、といった視点から高卒後の就職先を探されるのがおすすめです。

高校卒業後、フリーター・ニートから就職するには

高卒後、フリーターやニートといった状況から就職を目指すには、就職しようと決めたらすぐに就活をスタートすることが大切です。

もう少し後でいいや、区切りの良い来月から就活をスタートしよう、旅行の予定があるからその後から就活をしよう、など後延ばしする理由を考えてしまう方は要注意かもしれません。

空白期間が長くなることで、

就労意欲が低い

と企業の採用担当者に思われやすくなりますし、空白期間に何をしていたのか面接で質問された時に答えにくくなることもあります。

高校卒業後の就活の仕方

高校卒業後の就活の仕方として、以下の方法などがあります。

・ハローワークを利用する

・アルバイトから正社員登用を目指す

・派遣から正社員を目指す(紹介予定派遣)

・就職エージェントを利用する

・求人サイトを利用する

いずれの方法でも正社員になることは出来ますが、短期間で正社員就職を目指すのであれば、

・就職エージェントを利用する

・求人サイトを利用する

がおすすめです。

高卒おすすめ就職エージェント

高卒でも利用できる就職エージェントがあります。

⇒ 高卒フリーター おすすめ就職サイト

でご紹介していますが、こうした就職エージェントを利用することで、

・高卒、フリーター歓迎の正社員求人を紹介してもらえる

・就職アドバイザーからサポートを受けられる(面接対策など)

・企業側との調整も行って貰えるので楽

・短期間で内定獲得の可能性あり

・内定率が高い

といったようなメリットがあります。

高校卒業後、フリーターやニート期間が長くなると正社員就職が難しくなっていきます。

できるだけ早く就活をスタートされることをおすすめします。



キーワード