女性が働きやすい職場を見つける方法
高卒フリーター就職サイト > 高卒フリーター就職 > 高卒 未経験から事務職に就職するには

高卒 未経験から事務職に就職するには


高卒 未経験 事務職に就職

高卒で目指す事務職への就職

正社員就職を目指す女性から人気のある職種の一つが「事務職」です。

事務職は「高卒OK」「未経験可」という求人も多いため、デスクワークを希望するフリーター女性からも人気がありますし、異業種転職で未経験から事務の仕事への転職を目指す方もいるなど競争率の高い職種でもあります。

高卒未経験からであっても事務職へ十分に正社員就職する事ができますが、競争率の高さがネックといえますね。

採用人数も少ないですから、よけいに採用されるのが難しいんですよね。

そうした事務職へ高卒から未経験、フリーター女性が就職するためにはどういった就職活動の方法、利用すべき求人サイトなどについて掲載しています。

高卒女性が未経験から事務職に就職するには

未経験OKの事務職
事務の仕事は「なんとなく他の職種よりも楽そうだから」と就職を希望している女性も多いのではないでしょうか?

勤める企業にもよりますが、確かに残業無し、外回りも無し、ノルマに追われることも無く定時退社、プライベートも充実させやすいライフワークバランスの取れた働き方をする事が出来ます。
(逆に事務職でも残業が多く、大変な会社もあります)

高卒以上可、未経験歓迎、といった事務求人が多いこともあって、採用されにくさでは上位にランキングされる職種といって良いでしょう。

高卒既卒、フリーター女性といった方の中にも、未経験から事務職への就職を目指している方も多いと思うのですが、就職活動の方法は以下の3つに分けて考えて良いでしょう。

求人サイトを利用して事務職へ就職活動

一般的な就職活動の方法として、求人サイトを利用して事務の正社員求人を調べる女性は多いと思います。

例えば、

⇒ リクナビNEXT

などでも多数の「未経験歓迎、事務正社員求人」を探す事が出来ます。

また検索エンジンで調べると、インディードやタウンワークなどでも「一般事務 未経験OK求人」が多数見つかりますよね。

いずれの求人サイトを利用しても非常に多数の事務職求人が見つかりますので、採用ニーズも高い職種といって良いでしょう。

経験を積んでから事務職の仕事に就く方法

事務職として就職出来ないのは「経験が無いせい」ということで、パートやアルバイトとして転職を目指そう、と考える方もいます。

しかし、辞める前提でパート・アルバイトとして会社に入るのは勤務先に迷惑をかけますし、退職する期間(特に短期間での退職)によっては、次の面接で見抜かれてしまい評価が下がる可能性もあります。

どんな企業も、短期間で辞める前提で働く人に対しては良い印象は持ちませんからね。

事務の正社員として働くために経験を積みたい場合、派遣で期間を決めて働く、という方法があります。

⇒ テンプスタッフ

⇒ リクルートスタッフィング

などでは事務職の派遣求人も多数保有していますし、未経験者OKの派遣求人もあります。

紹介予定派遣という働き方も相談が可能ですね。
正社員雇用を前提に、一定期間を派遣として働いて双方が見極めるという働き方です。

派遣で働く場合、期間をしっかり満了していれば派遣先が多くても職歴として問題になることはありません。

若い方にはオススメです。

というのも、ぶっちゃけ派遣で働く場合には若い人の方が求人が多いためです。
特に未経験から働きたい場合には、紹介される求人数の差が顕著といえます。

20代前半で事務職への就職を将来的に目指したい、といった場合には、派遣社員として事務を経験する期間を経ても良いかもしれません。

ただし、未経験から事務職への仕事を希望される女性は多いため、お仕事を希望するエリアによっては求人が少なく激戦、思ったように事務の派遣先を紹介してもらえない可能性もあります。

そのため、派遣会社を利用する場合には多くの求人情報が得られるように、複数を利用する方は多いですね。

事務に役立つ資格取得後、就職活動

未経験から事務職として就職を目指す場合、役立つ資格を取得してから就職活動をする方法もあります。

確かに、全くの未経験・資格無し、といった求職者よりも事務に役立つ資格を持っている方が就職活動を有利に進める事が出来ますね。

未経験から目指す事務職は、多くは「一般事務」となります。

一般事務で役立つ資格となると、やはりオススメの資格は、

・マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

となります。

Word、Excelは必須、企業によってはPowerPointも使えると優遇、といった場合もあります。

「パソコンスキルがあります!」

と面接でアピールしても、客観的にどれだけ事務で通用するスキルを持つのか分かりません。

本人が使えると思っているだけ、という可能性もありますからね。
採用して全然使えない人だった・・・では困ります。

そのため、マイクロソフトオフィススペシャリストのエキスパートやマスター資格を持っていると、

確実にこれだけ使える人材である

という事をアピールすることが出来ます。

資格取得に時間とお金をお掛けられる方には、資格取得はオススメの方法です。

他には、事務職への就職で役立つ資格として、

・ビジネス文書検定
・文書情報管理士
・日商PC
・簿記検定

などもあります。

高卒フリーター向け就職支援サイトを活用して就職活動

人材紹介会社コンサルタント
未経験から高卒フリーター、既卒者が正社員として就職を希望する際、就職支援サイトを利用して就職活動をする方法もオススメです。

実はこうした就職支援サイトにも、

「事務職の正社員求人」

があります。

もちろん、事務職は希望される女性も多いため就職支援サイトを利用しても確実に就職が出来る、というわけではありません。

しかし、フリーター向け就職支援サイトを利用した場合には、

「未経験OKの正社員求人」

だけを紹介してもらう事ができますし、他の応募者も職歴なし・未経験から就職を目指す方が多いため、そこまで差がつくことも少ないといえます。

また、早い者勝ちで面接となるケースも多いですから、情報を得てから応募まで早い方が有利になる事もあります。

書類選考なしで面接が受けられる就職支援サイトも多いため、求人サイトを利用して事務職へ就職を目指すよりも成功率の高い就職活動ができるでしょう。

高卒フリーター、未経験から事務職を目指す女性にはオススメの就職活動の方法と言えます。

⇒ DYM就職

⇒ 就職shop

⇒ ハタラクティブ

⇒ ジェイック 女子カレッジ

といった就職支援サイトを利用する事で、事務職の求人について情報を得られる事も多いですよ。

未経験から事務職の仕事に就くには

未経験求人が多い事務職の種類

事務職の仕事
未経験でも応募可能な事務求人を見つける機会が多い事務職の種類をご紹介いたします。

一般事務

一般事務は事務職と言われる仕事の中で最も基本的な役割を担当します。
OA事務という名称で人材募集が行われることもあります。

書類作成、ファイリング、データ入力、来客対応、電話・メール対応、郵便物発送・仕分、備品管理など幅広く業務を担当します。

多くの方が想像される事務職の仕事は、一般事務の仕事に当てはまるといえるのではと思います。

営業事務

営業事務は、営業職をサポートする仕事がメインとなります。

営業担当者が重要な仕事に集中できるように、営業事務は商品の受発注、伝票・請求書の発行、顧客からの電話対応などを行います。

もし就職先で海外の顧客がいる場合には、英語力があったほうが採用されやすいかもしれません。

顧客対応も時に発生しますから、コミュニケーション能力も重要とされます。
またサポートする営業担当者ともコミュニケーションをとり、言葉の取り違えがないように相互理解をするなども重要といえます。

会社の売上げの根幹をなす重要な営業職のサポートをする営業事務の仕事は、事務職でありながら売上げに貢献しているということでやり甲斐も持ちやすいのではないでしょうか。

総務事務

総務事務は主に会社の従業員に関する業務を行う職種です。

社員の入社式、社員旅行、他社内イベント、退職に関した手続きまで。
来客時の対応、冠婚葬祭の対応など非常に多岐にわたる仕事をこなします。

備品管理なども含まれます。

会社に関する手続き、仕事に関しては振るところが分からなかったら総務へ、といった企業は多いのではないでしょうか。

中小企業では総務事務の仕事は、一般事務もしくは経理事務が兼務している事が多いため、最初から業務内容に含まれると考えておいても良いかと思います。

未経験OK事務求人、応募の際の注意点

こうした事務職の求人を見つけた場合、具体的にどういった仕事の範囲かを確認する事も大切です。

一般事務と記載されてあったとしても、企業によっては経理の仕事も入っていますし、総務の仕事もあります。

中小企業は基本的に事務職としての仕事を厳密に分ける事は少ないので、「オールマイティに事務の仕事が出来ること」が求められる事が多い事には注意が必要です。

ただし営業事務に関しては、営業職のアシスタントとなりますので、経理や総務の事務仕事が混ざってくる事は少ないようです。

その分、顧客からの問い合わせに営業に代わって答えたり、中次ぎをする事もあるでしょうから自社製品の勉強をして、理解するなどは必要となってくるでしょう。

事務職として働くメリット・デメリット

未経験から事務職へ就職するには

女性が就職を希望する際に人気の職種、事務職ですが実際に働く際のメリット・デメリットにはどういったものがあるでしょうか。

なんとなく事務職は楽そうだから、女性が働きやすそうだから、といったイメージから就職を希望されている方も多いと思います。

実際に事務として就職した場合、何年にもわたってその仕事をすることになりますので、出来る限り具体的に情報収集をしてみることもオススメです。

特に必要な資格などが無い事務職募集も多いですから、タイミングが合えば未経験、フリーターから事務職へ就職する事も可能です。

事務職の正社員求人を取り扱っている就職エージェントも多いですよ。

事務職のメリット

・パソコンスキルが身に付く
・残業が少なく、定時で帰りやすい
・子育てと両立しやすい
・内勤でもあり体力的に楽
・力仕事ではないので、年齢が上がっても働き続けやすい

多くの企業では、事務職は残業がほぼ無し、といった働き方ができているのではないでしょうか。
突発的な仕事が入る事もあまり無いでしょうから、勤務時間が終わる時間も一定しています。

プライベートの時間も確保しやすいですし、ご家庭のある女性、お子さんのいるママさんは両立しやすい働き方がしやすい、というのが最大のメリットかもしれません。

事務職のデメリット

・仕事内容が幅広すぎる場合も
・給料が上がりにくい
・デスクワークでルーチン作業も多い
・次回の転職でアピール材料が少ない
・眼精広い、肩凝りなどになりやすい

パソコン作業が多いため、目の疲れ、肩凝り、腰痛などに悩む方も少なくありません。

また、ルーチンワークが多い職場の場合には、日々の業務に慣れてしまい刺激が足りないと感じることも。

縁の下の力持ち的な役割ですから、売り上げに直接関与することもなく年収が上がりにくい、といった職場も多いようです。

事務職 未経験はやっぱり正社員は難しい?

人気の事務職へ就職をするのは、資格取得者でも難しいと言われます。

そうした状況の中で就職を目指すためには、少しでも就職成功率の高い方法を選びたいですね。

事務の経験があれば、経験者として応募が出来ます。
そういったことであれば、派遣で半年、1年と事務の仕事に就いてみる方法もオススメです。

20代前半から半ばくらいまでの女性であれば、未経験であっても派遣の仕事が見つかるかもしれません。

20代後半から30代となると、人気の仕事は未経験の場合には紹介が難しくなるという事もあり、コールセンターなど正直、人気の無い派遣先しか紹介が難しいと言われる事が増えてきてしまいます。

年齢的に派遣や資格取得をしている時間が無い、できるだけ早く正社員として働いて給料が欲しい、といった方は、

「高卒OK、職歴なし・未経験者の就職支援を得意とする就職支援サイト」

の活用がオススメです。

⇒ 高卒フリーター向け就職支援サイトを活用して就職活動

こうした就職支援サイトを利用して、必ず希望の職種に就けるという保証はありませんが、一人での就活よりも成功率の高い就職活動をする事が出来ます。

就職相談からの求人紹介によって、希望の働き方、もっと自分に向いている仕事が見つかる可能性もあります。

未経験から事務職への就職を目指す場合、こうした就職支援サイトもぜひ活用してみてはと思います。




キーワード