女性フリーター就職に成功する共通点
高卒フリーター就職サイト > 高卒第二新卒 > 高卒 第二新卒として転職に成功するには

高卒 第二新卒として転職に成功するには


高卒 第二新卒 転職

高卒 第二新卒として転職に成功するには

高卒の第二新卒として転職活動に取り組む場合、転職に成功するにはどういった点に注意しながら転職活動を進めて行くと良いでしょうか。

高卒でも学校卒業後3年以内に転職を希望する場合には、第二新卒として転職をすることになります。

新卒者と比べ、

・基本手金亜ビジネスマナーを身に付けている
・即戦力に近い人材
・まだ素直さのある人材

といった事から企業に期待されている事が多いため、採用されやすいと言えます。

転職を希望するのであれば、第二新という立場を活かした転職活動がオススメです。

第二新卒としての転職は、比較的しやすいのは事実です。

今は特に第二新卒者を中途採用したいというニーズは高まっていますからね。

しかし、転職しやすい分だけ落とし穴がある事も事実です。

高卒第二新卒として、自分の希望通りの転職に成功するために。
転職活動で注意したいポイントについて掲載をしています。

第二新卒で転職成功する人の共通点

転職成功のポイント
第二新卒として転職に成功しやすい人には共通点があります。

裏を返すと、そうした部分にこそ企業側が期待をしているという事も言えますね。

面接ではしっかりと企業が第二新卒者に期待する事をアピール出来れば、内定率も上がる、ということが言えます。

転職理由が明確

第二新卒だからといって誰でも内定がもらえるわけではありません。

転職して何がしたいのか、どんなキャリアを積んでいきたいのか

転職理由が明確で、なぜ御社に志望したかといった志望動機にブレがない求職者は、やはり高く評価される傾向があります。

なぜ他の会社ではなく、うちの会社なのか。
その説明に面接官が納得できれば、面接成功の確率はグッと上がるでしょう。

会社は自社にプラスになる人材、今後の活躍が期待出来る人材を採用したいと考えています。
転職理由が明確で頑張ってくれそうな人材は、やはりぜひ採用したいと考えるものです。

素直さがある人材

第二新卒の転職に限りませんが、転職に成功する人によく見られる共通点として、

素直さがあること

というのは本当によく言われます。

これまでにお会いしたことがある転職エージェントの方全員が、「素直な人は転職成功しやすい」と話されていました。

アドバイスをしても話を聞いてくれない人も中にはいて、そうした人はやはり内定がなかなかもらえない、苦労する。

といった話は多いです。

これは就職後にも当てはまります。

仕事を教えても素直に聞いてくれない人材は、やはり扱いに困ってしまいます。
戦力になるにも時間がかかってしまう可能性が高いですから、あまり採用したくない人材です。

謙虚、素直。

他者からのアドバイスを素直に受け止められる事は、とても大切な事といえます。

コミュニケーション力がある

例えば一人で行う業務が多い仕事であっても、完全に一人で仕事が完結することはまずありません

たまにいらっしゃいますが、プログラマーなどであってもコミュニケーション力はとても大切です。

きちんと発注相手(上司、お客さんなど)の要望を把握して仕事をしないと、納期間近でやり直しとなる可能性もあります。

要望を把握するには、聞く事が必要な時もあります。
また普段から周囲としっかりコミュニケーションが取れている人材は、重要なプロジェクトにも呼ばれやすくなり、スキルアップの機会が多くなります。

当然ですが、周囲の人と円滑にコミュニケーションを取り、協力をして仕事を進めることが出来る人はどんな職種にあっても評価されます。

前職の経験が活かせる転職を希望している

第二新卒者は未経験、異業種転職でも有利です。

しかし、やはり転職成功の可能性が高いのは「前職の経験が活かせる仕事を希望している」場合です。
企業、特に中小企業は即戦力に近い人材を採用したいものです。

そこまで教育に時間も人もかけられる余裕が無い企業が多いですからね。

だからこそ、基本的なビジネスマナーが身に付いている第二新卒への採用ニーズが高いといえます。

企業研究がしっかり出来ている

面接では志望動機がとても重要です。

なぜ、他者ではなくうちの会社なのか。
その説得力を出すには、企業研究が必要です。

どうしても入社して働きたい。

うちの会社の業務内容がしっかり分かっていて、そうした熱意が感じられる第二新卒者をこそ、採用したいと面接官は考えます。

「色々な企業を受けていて、御社はその一つです」

他で採用されるかもしれないから、うちで内定を出さなくても良いよね。
と思われるかもしれません。

第二新卒は特別にアピール出来るほどの知識・経験を身に付けているとは言えません。

ですから、他の会社に採用されたら困る!ぜひうちで採用したい!
と思われるような事は、あまりありません。

今後の伸びしろに期待して、ポテンシャル採用される事が多いですからね。
だからこそ、志望動機をしっかりと熱意を伝えることが必要です。

企業研究をしっかりと行う事で、業務内容に共感した、今後身に付けたい経験が積めると感じた、など様々なアピールが出来るでしょう。

企業研究もちゃんと出来てないのでは?
と面接で思われてしまう受け答えは、避けなければなりません。

未経験・異業種転職は、第二新卒としての転職が有利

第二新卒者は、ポテンシャル採用される事が多いです。

高卒で第二新卒となると、20歳前後の方が多いでしょうから未経験職種、異業種転職もとてもしやすい年齢です。

実際に働き始めてみてから、実は「最初の就職先の仕事とは違う仕事がしたい事に気づいた」といった事もあるでしょう。

20代後半、30代になってから異業種転職を目指すのは、実はとても難しいんですよね。

もし、違う業界での仕事に興味がある場合には、出来るだけ若い間に転職活動をする事をオススメします。

第二新卒はそういった点で、とても転職成功の可能性が高い年代といえます。

転職エージェントに相談をしながら転職活動をしている

第二新卒転職エージェント
第二新卒として、自力で転職活動を進めていく事ももちろん可能です。

しかし転職成功の可能性を高くするには、転職エージェントを上手く活用しての転職活動がオススメです。

人に話をしながらの方が、転職理由も整理され、志望動機もまとまっていきます。

それに転職エージェントには、一般の求人サイトには無い非公開求人が多くあります。

在職しながらの転職活動の場合、残業が多い方の場合には情報収集も大変ですし、お金の問題もありますからね。

退職してからの転職活動は時間はありますが、無収入になります。
お金が減ることの焦りから、妥協してブラック企業へ転職・・・といった事だけは避けたいですね。

転職エージェントを利用して、希望条件で求人を紹介してもらう。
担当コンサルタントも企業側にあなたをアピールしてくれますし、その上で、面接対策をしっかりと行うこが出来ます。

マッチング率が高い、と思って企業にもあなたにも紹介をしていますから、コンサルタントは内定が出て欲しいと思っています。

そのために必要な企業の情報を、提供してくれます。
採用されるために必要な情報をもらえるのは、大きなメリットです。

転職エージェントを利用する際にはデメリットも考える必要はありますが、それを上回るメリットはあると言えるでしょう。

⇒ 高卒 第二新卒おすすめ転職サイト

第二新卒の転職を有利に進められる転職エージェントをご紹介しています。

相談は無料ですから、こうした転職エージェントの活用される事も検討されてみてはと思います。




キーワード