高卒既卒からの正社員就職
高卒フリーター就職サイト > 高卒第二新卒 > 高卒10代 転職はできる?不利にならない?

高卒 10代 転職


高卒 10代の転職で不利にならないために

高卒で就職した場合、早いと19歳など10代の間に転職活動をする人もいます。

場合によっては新入社員1年目、試用期間の間に会社を辞めてといった人もいるかもしれません。

高卒10代で転職する場合、不利になることもあります。
しかし志望動機や自己PRの仕方によっては不利にならずに転職活動を進めていくことができます。

高卒10代の転職を成功させるためのポイントについてご紹介します。

10代高卒は仕事を辞めてフリーターにならないことが大切

10代の若い人が転職活動をする場合、途中でフリーターになってしまわないように注意することが大切です。

正社員を辞めた理由がブラック企業で激務、体調を崩してしまって・・・といったような場合、

正社員はキツいから、しぼらくはフリーターしながら生活しようかな・・・

といったように考えてしまうかもしれません。

年齢的には10代と若いので、正社員就職しようと思ったらいつでも正社員になれる、と考えてしまいがちです。

友達もフリーターをしている人も多いかもしれないですし、友達も大学生や短大、専門学校生と学生も多く自分ももう少しフリーターで気楽に生活しようかな・・・と思うかもしれません。

しかし正社員を辞めてフリーター期間ができてしまうと、正社員になるのが難しくなります。

一例として、フリーター期間が半年を超えると再び正社員に転職するのが難しくなり始めるため注意が必要です。

10代でもフリーター期間が長いと転職は不利になる

会社を辞めてフリーターになる、ということを採用担当者が見た場合には「就労意欲が下がった」と考える場合が多いです。

採用担当者、人事は求職者の「業務を離れてからのブランク期間の長さ」を気にします。

まして正社員経験の浅い高卒10代の転職希望者であれば、経験には期待できません。

フリーター期間が長いということで、ほぼ新卒の未経験者、短期離職の経歴がある分ネガティブな印象が強くなってしまい、転職活動は不利になることが多くなってしまいます。

フリーターとして生活した期間が3ヶ月程度であれば、転職活動の準備をしていたとしても特に問題になることはないでしょう。

生活のためにバイトをしながら、といったことで納得してもらいやすい期間です。

フリーター期間が長くなる場合、面接対策として、

「フリーターになった理由」

「正社員として今、転職活動を始めた理由」

などを質問される可能性はとても高いです。

高卒10代の転職で不利になる点

高卒10代の転職が不利になるのは、応募できる求人が制限される点です。

リクナビやマイナビ、そのほか多くの求人サイトでは正社員求人がとても多く掲載されていますが、高卒は応募出来ない正社員求人もあります。

応募条件として大卒以上可の求人が意外とあるためです。

高待遇、やりたい職種、仕事内容だったとしても応募条件を満たせないために、こうした求人は見送るしかありません。

しかし、こうした高卒は採用しない企業はごく一部、多くの企業は高卒以上応募可で求人を掲載しています。

求人サイトでは求人検索の条件として、学歴も入力できる場合が多いですから上手く活用して、応募出来る求人だけを情報収集されることをおすすめします。

高卒10代の転職は若さが武器

高卒10代の転職は、やはり若さを武器に自己アピール、志望動機を作ることがポイントとなります。

転職市場において、10代はやはり他の転職希望者と比較して若い場合が多いため、その分だけ「伸びしろがある」「ポテンシャル採用されやすい」ということが言えます。

10代という年齢的にも、短期離職での転職となる点からも、即戦力となるほどの経験が無いのは企業側も分かっています。

企業が第二新卒の若手人材に期待するのは、

・仕事への熱意
・伸びしろ
・素直さ

といった部分です。

職種によっては特に若い人材ほど採用されやすい、といったこともあります。

転職にあたり、キャリアチェンジも考えている場合には、転職エージェントを利用して情報収集してみる方法もおすすめです。

高卒10代が転職しやすい業界・職種などの情報も持っている場合があります。

また、これまでの経験を活かして転職を目指す場合にも、応募書類の書き方や面接対策などを応募する企業ごとにアドバイスしてもらえるメリットがあります。

高卒10代の転職におすすめエージェント

高卒10代の転職にも強い転職エージェント

経験が浅い第二新卒の転職、短期離職にもおすすめ転職エージェントをご紹介しています。

10代の転職でアピールしたいポイントは?

10代の転職を不利にせず、成功指せるポイントとしてはアピールを間違えない、といったことがあります。

企業側が知りたいことをしっかりアピールすることが必要です。

業務で身に付けたスキル、実績などがあるのでしたらぜひアピールしたいところですが、1年目、2年目ではなかなか実績のアピールは難しいのではないでしょうか。

あまり話を盛りすぎたり、嘘を入れてしまうと面接官に見抜かれる可能性もあります。

伸びしろ、成長意欲

10代の転職希望者には、やはり企業側は「伸びしろ」を期待しています。

吸収力、伸びしろ、仕事への熱意・成長意欲、こうした部分がより感じられる人材を採用したいと考えるのは自然なことです。

将来のビジョンが明確にあり、どういった努力をしていきたいのかを面接などでもしっかりアピールできるように準備をすると良いでしょう。

エピソードを入れると伝わりやすいですし、印象に残りやすいです。

今まで努力してきたこと、トラブルへの対処など伝えられることがあれば、面接の中でアピールされると良いでしょう。

明るさ、素直さ

企業側としては、中途採用する人材には「素直さ」があることを期待しています。

特に経験の浅い10代の中途採用者は、先輩社員からアドバイスを貰う場面も多いでしょう。

その度に、

「いや、それは違うと思います」

「これはこうした方が良いと思います」

「その場では聞いても、アドバイスとは違うことをする」

といったような人材だと、職場の雰囲気も悪くなりますし、人間関係でトラブルになる可能性もあります。

社会人経験から考えてみても、アドバイスを否定して成功するとは思えません。

素直なばかりが良いとは言いませんが、素直さのある人材は、中途採用されやすい傾向はあります。

高卒10代の転職も情報収集がカギ

転職活動をする場合、転職エージェントを活用しての情報収集がおすすめです。

キャリアを何年も積んだ人しか転職エージェントは使えない、と思っていませんか?

転職エージェントの中には、経験の浅い第二新卒向けの転職支援を行っているエージェントもあります。

短期離職の方もOKの転職エージェントもあります。

社会人経験が浅いことを気にして悩んでいる方がもしいらっしゃるようでしたら、こうした転職エージェントを活用されることをおすすめします。

第二新卒、キャリアチェンジ転職にも利用できますのでぜひ活用してみてください。

ポテンシャル採用、人物重視で中途採用を行っている企業ばかりが採用に利用していますから、内定率も高いことが特徴です。

高卒10代が利用できる転職エージェント

高卒10代の転職にも利用できる転職エージェントを利用することで、企業の詳しい情報を得て、入社後の働き方、待遇などを確認しながら応募を検討することができます。

企業に直接取材に行って情報を得ているため、自分で一人では情報収集が難しい部分についても教えてもらえるメリットがあります。

ブラック企業も出来る限り排除して求人の紹介をしてくれます。

一人で転職活動をするよりも高い内定率が期待できるのも、大きなメリットではないでしょうか。

利用は無料ですし、どういった転職先があるかの情報収集から利用しても大丈夫です。

会社を辞めてフリーター期間が空いてしまっている場合、一人での転職活動に不安がある方にもおすすめです。

高卒10代の転職におすすめエージェント

高卒10代の転職にも強い転職エージェント

経験が浅い第二新卒の転職、短期離職にもおすすめ転職エージェントをご紹介しています。




キーワード