高卒フリーターの就職活動
高卒フリーター就職サイト > 高卒フリーター就職 > 19歳高卒 フリーター正社員に就職する方法

19歳高卒 フリーター正社員に就職する方法


19歳 高卒フリーター就職

高卒フリーターの就職活動の方法

19歳、高卒後フリーターとして収入を得ていたけれど、そろそろ正社員就職して働きたいと考えている場合。

就職活動の方法も色々ありますよね。

情報収集をしてみたけれど、ハローワークはあまり利用しない方が良いみたい

求人サイトも見てみたけれど、あまり良い求人が自分では見つけられなかったな・・・

正社員登用を狙うのもありだけど、本当に正社員になれるか分からない。嘘の可能性もあるかも?

就職支援サイトが便利そうだし良さそうだけど、19歳でも利用出来る?正社員求人って紹介してもらえるの?

高校卒業、正社員就職して退職しフリーターとなった方も、高校卒業時に就職せずフリーターになった方もいると思います。

19歳でも就職先を探している方であれば、就職支援サイトは利用が可能です。

改めて大学入学を目指そうか、正社員として仕事をするかで迷って、就職して働く事に決めたという方も多いかもしれませんね。

専任の就職アドバイザーやコンサルタントが担当に付いて就職をサポートしてくれる就職支援サイトは、成功率の高い就職活動が出来ます。

やりたい仕事が決まっていなくても、どんな仕事が向いているかなどもカウンセリングから探っていくことも出来ますよ。

高卒フリーター オススメ就職サイト

高卒OK、就職支援サイト
高卒OK、正社員就職を希望されている男性・女性にオススメの就職支援サイトをご紹介しています。

求人サイトを見ても、

あまり働きたい仕事が見つけられなくて・・・

という方も多いと思います。

応募したい仕事が見つからない方は多いのではないでしょうか。

エージェントと話しながら向いている仕事、希望の働き方が出来る仕事を探せるのは、メリットといって良いと思います。

求人探しから応募書類の作成アドバイス、応募する企業に合わせた面接対策もサポートしてもらう事が出来ますよ。

次にご紹介する中で当サイト経由で最もご登録が多いのは、DYM就職です。

⇒ DYM就職

⇒ 就職shop

⇒ ハタラクティブ

⇒ ジェイック

書類選考無しで面接が受けられる就職支援サイトもあります。

フリーターから正社員就職を目指す場合、「書類選考が通らない・・・」と悩む方も多いですからね。

確実に面接が受けられるのはスゴいことなんです。
そのチャンスを確実に活かすためのアドバイスももらう事が出来ますから、就職支援サイトを利用した就職活動の方法は、内定率もやはり高くなります。

求人紹介する企業へもしっかり足を運び取材をしていますからね。

ブラック企業へ就職したくない、自分ではブラック企業が見分けられない、という方へもオススメの就職サイトです。

高卒フリーターは大手転職エージェントではなく、就職支援サイトを

求人紹介、というと大手転職エージェントを想像する方も多いと思います。

リクルートエージェント、DODA、マイナビなどは有名ですよね。
もちろんもっと沢山の転職エージェントがあります。

でも、こうした転職エージェントがメインとするのはキャリアのある社会人の転職支援ですから、職歴なし、高卒フリーターが登録をして求人紹介を受けるのは難しいです。

紹介可能な正社員求人が無い、という可能性が非常に高いですからね。
利用するとしても、社会人経験を積んでからの転職となります。

であれば、最初から高卒の利用可、フリーターや既卒、ニート、大学中退した人に特化して就職支援を行っている就職支援サイトを利用する方法がオススメです。

先ほどご紹介した就職支援サイトもそうですし、他の就職支援サイトも利用は無料です。

ハローワークを利用して採用を行っている企業は、費用をかけずに人材採用したい企業が多く、給与が相場よりも低かったり、零細企業もあったりしますので就職活動にはあまりオススメしていません。

ただし、就職支援サイトがサポートしていない地方にお住まいの場合には、ハローワーク一択、といった場合もあります。

状況に応じて、使い分けをされると良いかもしれませんね。

19歳、高卒フリーターから正社員就職するためのポイント

高卒フリーターの就職活動

ギャップを活かしてアピールする

企業の採用担当者は、19歳高卒フリーターからの履歴書を見て、

ちゃんと長く働いてくれるのかな?

すぐ辞めないかな?

と思う事が多いです。

フリーターは年齢によらずシビアに採用選考では見られるものなのですが、19歳高卒フリーターの場合も厳しく考える採用担当者は多いと言えます。

だからこそ、しっかりとした内容の履歴書、志望動機、面接時のマナーなどを見せる事が出来ればギャップが大きいだけに、

19歳なのにしっかりしている。仕事も熱心に取り組んでくれそう

と考えてもらう事が出来ます。

・履歴書は誤字・脱字に気をつけて丁寧に書く

・身だしなみをしっかり整える

・言葉遣い、面接時のマナーをしっかり抑える

こうして見ると、どれも当たり前のことなのですが意外と出来ていない人が多いです。
履歴書にしても、最近はプリントアウトしたものが多くなってきていますが、「あえて手書きで丁寧に履歴書を書く」人もいます。

採用担当をする時、プリントアウトされた履歴書は、サラッと読み流してしまうんです。
印象は薄いです。

手書きで丁寧に書かれた履歴書は、しっかり読みます。

間違えたら書き直しですから、気持ちを込めて書いてくれているのではと思うと、読む側もしっかり読まないと、と思う事は多いですね。

手書きの履歴書はかえって目立つことが増えてきたように思いますね。

入社に関しては、19歳は若さがありますから、未経験であることも問題ないです。
しっかり仕事を教えて、育てようとしてくれます。

人物重視、ポテンシャル採用になりますので、入社してから学び仕事を身につけていく事が出来ます。

志望動機をしっかり伝える

面接を突破し、内定をもらうために最も重要なのは、志望動機と言って良いでしょう。

どうして就職したいか、どんな仕事をしていきたいか、仕事を通してどんな人になっていきたいか、などしっかりアピールしたいですね。

また、長く働かなければならない理由も合わせてアピールすると、面接担当者も採用に評価が傾きやすいのではないでしょうか。

19歳高卒フリーターの方へは、若さもあり「採用してもすぐに辞めてしまうのでは?」と思ってしまう事が多いです。

そうした印象をひっくり返して、しっかり長く働きたい事をアピールする事も就職成功のための重要なポイントですね。

フリーターは職歴になりません。早めの正社員就職を

フリーターとしていくらアルバイトをしていても、職歴として評価されないです。

アルバイトの仕事内容は基本的には誰でも出来る仕事。

そのため、いくら頑張った事をアピールしても評価にはなりません。
むしろ、フリーター期間が長くなるほど面接が厳しくなると考えた方が良いでしょう。

高卒フリーターから正社員就職を目指す場合、

・どれだけ仕事へ熱意を持っているか
・応募した職種をやりたいを思っているか
・仕事を通して、どんな人材として成長していきたいか
・長くしっかり働ける事

などをアピールすることが重要なポイントと言えるでしょう。

高校卒業後、フリーターになった理由なども確実に質問されるとは思いますが、よほどの理由でなければそこまで合否に影響しません。

面接担当者が知りたいのは、採用してからのあなたです。

19歳、高卒フリーターから正社員就職する事は十分可能です。

むしろ若さがありますから、しっかり就職活動の準備をして面接対策を行うことで、予想よりも早く就職先が決まる事も多いのではないでしょうか。

そのために必要な企業の情報は、

⇒ 高卒フリーター オススメ就職サイト

を利用して得る事が出来ます。

サポートを上手く活用して、自分に合った正社員としての就職先をお探しになってみてください。




キーワード