20代後半職歴なし 高卒フリーターが就職するには
高卒フリーター就職サイト > 高卒フリーター就職 > 20代後半職歴なし 高卒フリーターは就職できない?

20代後半職歴なし 高卒フリーターは就職できない?


20代後半フリーター 職歴なし高卒は就職できる?

20代後半職歴なし、高卒フリーターから正社員就職するために効率良く求人が得られ、内定率が高い就活方法があります。
26歳、27歳、28歳、29歳と20代後半、年齢が上がるにつれて就活が厳しくなりますが、内定獲得を目指す事が出来ます。
正社員就職を後延ばしにすると、それだけ就活に不利になってしまいます。
20代の間に正社員になりたい、という気持ちがあるのでしたら少しでも早く就職活動をスタートすることが重要です。

20代後半職歴なし 高卒フリーターが就職するには

20代後半職歴なし高卒、フリーター。

少し前にはあまり考えなかった30歳という年齢、そしてその後の生活のこと、気になり始めている方も多いのではと思います。

特に28歳、29歳となると「30歳も近いんだから・・・」と言われることも増え、余計に30代の自分を意識することも増えるのではないでしょうか。

確かに人手不足もあり有効求人倍率も2倍近いなど、就職しやすい状況にはあるのですが30代で職歴なし正社員経験なし、となるとまた話は別です。

30代の未経験者を歓迎する企業は少なく、就職できない可能性が高くなります。

正社員経験があれば、転職活動をすることも出来るでしょう。

20代の間に正社員就職することは、その後の生活を安定させるためにもとても重要なことです。

30代でフリーターの人は、40代もフリーターになる可能性があります

非正規雇用での40代は悲惨な将来しか見えない、といって良いでしょう。
実際、社会問題として捉えられています。

高卒フリーターの方の場合、7年以上フリーター期間がある方も少なく無いと思います。

就職し、正社員として働いた職歴があって5年、6年とブランク期間があると採用選考ではあまり評価はされないでしょう。

むしろ早期退職などを面接官にネガティブな印象として持つ可能性があります。

正社員になるためには、しっかりと就職準備をすることが重要です。

高卒フリーターの就職、空白期間への質問など面接対策が特に重要

高卒フリーター20代のうちに転職を
特に、面接対策がやはり重要です。

・どうしてフリーターになったのか
・なぜ、フリーター期間が長いのか
・志望動機
・本気で働く覚悟があるかどうか
・逆質問

など面接で確実にされるであろう質問に対して、どう答えるか、答え方の準備がとても重要です。

面接官は基本的にネガティブな質問をしてきます。

採用した後、定着してしっかり働ける人材なのかどうかを見極めために「ネガティブチェック」をすることは多いです。

面接官が知りたい事

面接
採用担当者が気にすることの一つは、

「今、面接している人を採用したら職場に馴染めるかどうか、早期退職しないかどうか」

です。

うちの職場には合わないな、といった人材をあえて採用する必要はありません。

職歴なし、フリーターを採用しようというのですからスキル・経験ではなく、人物重視での採用となります。

ぶっちゃけ、仕事は入ってから覚えれば良い。

それよりも、職場で上手くやっていけるかどうか、もしかすると先輩社員が年下になるがそれでもアドバイスを素直に聞いて取り組める人材かどうか、を見たいのです。

未経験者採用の時に求めるのは、

・元気
・素直
・明るさ
・真面目さ
・粘り強さ

です、という採用担当者は多いですよ。

面接対策として、面接官が知りたい事、企業がフリーター歴が長い人を採用する時に考えるであろう不安を想定して、それを解消するような面接対策をすることも大切なポイントとなります。

面接はあなたを採用しても大丈夫、会社に貢献できる人材です、ということをアピールする場です。

ちなみに、次のような人は不採用になりやすいので注意してください。

面接で不採用になりやすい人の共通点

面接で不採用になりやすい人の共通点として、よく言われるのが次のような人です。

・視線を合わせない、合わせてもすぐにずらす
・声が小さい
・自信が無さそうに話す
・質問と回答がズレている(話を聞いていない)

基本的には、面接は「大きな声でハキハキと明るく答える」ことが出来ていれば、大丈夫です。

あとは質問に対しての答えの内容で判断をされることが多いです。

ただ、上記に当てはまると人物的にどうだろう・・・?という事になり、不採用になる可能性が高くなります。

面接を受ける際には、こうした部分も気をつけることが重要です。

25歳以上、20代後半のフリーターが就職できなくなる理由

不採用が続くフリーター
20代後半になると、応募出来る求人が減ってきます。
それが特に現れるのが27歳、29歳です。

この年齢を区切りとして急激に未経験OKの求人が減ってきます

20代後半となると、就職している人の場合には、会社で基礎となる経験も積み、これからさらに活躍が期待出来る年齢となっていきます。

しかし職歴フリーターの場合には、これから入社し仕事を覚える新入社員です。

「20代後半よりも、もっと仕事の覚えが早い若い人を採用したい」

「27歳、28歳といった人を採用すると、先輩社員が年下になってしまう。指導しにくいのでは・・・」

といったことを考える企業はやはり多いです。

いくら本人が気にしない、とはいっても現場のリーダーが若いことを知っている採用担当者は、やはり心配するケースは多いのです。

そのリスクは年齢が上がるにつれて増えます。

20代後半とはいっても、26歳と29歳では印象が全く違いますよね。

同じ高卒の職歴フリーターであっても、26歳の人の方が内定をもらいやすいでしょう。

20代後半、フリーターが就職できない状況が続きやすい理由を回避するには、そうした状況に無い企業、職歴なし未経験者でも積極的に採用したいと考えている企業を探すことが必要です。

30歳になる前に脱フリーター、正社員就職を目指すべき

30歳という年齢になると、さらに応募出来る正社員求人が減ってしまいます。

年齢で不採用を決めてはいけない、ということが厚生労働省から出されていますが、企業の本音では「未経験者なら若い人を採用したい」となります。

ですから未経験者歓迎の求人は25歳まで、27歳までの人が採用されやすいのです。

30歳を越え、求人が減ると職種を選ぶ自由も減りますし、最初の給料も低いために生涯賃金も多くを望めなくなります。

気が早いですが、退職金に関しても勤続年数が少なくなりますから少額となります。
(ちなみに退職金は企業の義務では無いですから、退職金無しの企業も多いです)

就職を目指す年齢が遅くなることで、様々な将来のリスクがあります。

本当にやりたい仕事は就職した後にも探せます

正社員なら転職できる
やりたい仕事が見つかっていないから、就職活動をする気になれない・・・

と今までフリーターを続けてきた人もいるかもしれません。

しかし、そう言っていては本当に30代をフリーターで迎えることになってしまいます。

今まで何年間も見つかっていない「やりたい仕事」が急に見つかるとは思えません

今までと同じ生活、アルバイトを続けていては同じ毎日が続くだけです。

正社員として就職し、様々な人と関わる中で「自分が本当に目指したいこと」「やりたい仕事」が見えてくることの方が多いと言えます。

一度、正社員としてキャリアを積むことが出来れば、転職活動をすることも出来ます。

30代をフリーターで迎えると、正社員就職すらままならない状況になる可能性が高いです。

正社員として働いている場合、その経験を元に異業種転職を目指すことも30歳前後であれば十分可能です。

実は正社員としてしっかり働いている方が、就きたい職に就ける可能性があります。

20代後半をずっとフリーターでいることは、かえって将来の選択肢を狭めていることになります。

20代後半、職歴なし高卒フリーターを採用する企業を見つけるには

20代後半、職歴なし高卒フリーターの方を採用する企業は多数あります。

ただ一点、就職先を選ぶ際、ブラック企業に就職してしまわないように注意が必要です。

経歴、学歴から内定がもらいやすそうな企業を選んでしまう方もいるようですので、注意が必要と言えます。

そうしたブラック企業へ就職してしまわないか、とった心配に対しても、

⇒ 高卒フリーター 就職サイト

でご紹介しているような就職サイトを活用することで、不要となります。

ブラック企業を除外し、高卒フリーターOKの企業を紹介してもらうことが出来ますので、複数、提案してもらった求人から応募先を決めることが可能です。

良い企業が無い、といった場合には改めて違う求人を紹介してもらうことも出来ます。

人手不足で困っている企業、20代ならポテンシャル採用で考えてくれる企業はたくさんあります。

そうした企業が多くこうした就職支援サービスに登録をして、人材採用を行っています。

20代後半職歴なし 高卒フリーターが効率良く求人を探す方法として、こうした就職サイトの活用をオススメしています。

どんな求人があるか、といった問い合わせもぜひしてみてはいかがでしょうか。

情報収集に役立つはずです。




キーワード