高卒フリーター就職の悩み
高卒フリーター就職サイト > 高卒フリーター就職 > 20代後半 職歴なし高卒フリーターの就職方法

20代後半 職歴なし高卒フリーターの就職方法


20代後半 職歴なしフリーターが就職するのは難しい?

26歳~ 20代後半 職歴なし高卒フリーターの就職

高卒フリーター20代のうちに転職を
20代後半、職歴なし高卒フリーターやニートから正社員就職を目指そうと思った場合、就職活動の難しさに挫折しそうになる方も多いのではと思います。

大学中退のため最終学歴が高卒というフリーターの方だとブランク期間が4年、5年といった期間になっている方が多いでしょう。

また、高卒後にフリーターといった場合には、フリーター歴が8年、9年といった方もいるかもしれません。

高卒フリーターが正社員として就職を目指す場合、20代後半といった年齢の場合に最大の壁となるのはやはり、

ブランク期間

の長さといって良いでしょう。

正社員の面接では確実に、

卒業後(中退後)、いままでの期間、何をしてきましたか?

と質問されます。

「アルバイトをしてきました」

と当たり前のことを答えてはいけませんよね・・・。

目的意識を持って過ごしてきたことを少しでもアピールしなければなりません。

職歴なしフリーターを面接する際、企業が知りたい事

ブランク期間が長い、職歴なし・未経験フリーターを採用する場合、企業側が心配するのは、

・採用してすぐに辞めないかどうか(早期退職の可能性)
・やる気がある人材なのかどうか
・コミュニケーション能力(職場に馴染めるか)
・素直さがあるかどうか
・社風に合うかどうか

と言ったような事ととなります。

アルバイトは正社員としての仕事よりも、気楽です。

そうしたフリーター生活が高卒後ずっと続いていた方に対しては、やはり仕事が続くかどうかを心配するものです。

過去に早期退職された経験がある企業は、ブランク期間が長いフリーターに対しては特に警戒します。

20代後半、ブランク期間が長くなってしまった高卒フリーターの方は面接対策が特に重要といえます。

もちろん書類選考もありますから、応募書類の書き方も重要ですね。

20代後半、脱フリーター!就活の方法には何がある?

20代後半、就職活動の方法としては色々な方法を選ぶ事が出来ます。

また26歳、27歳までは求人数も比較的多いです。
いったん27歳を超えると未経験者歓迎の求人が減ってきますが、28歳、29歳の方もまだまだ正社員求人も見つけやすい年齢です。

20代の間は若手として、未経験OKの正社員求人が多く見つかりやすいですから諦めずに就職活動をする事が大切ですね。

就活の方法としては、

・ハローワーク
・求人サイト
・就職エージェント(就職支援サイト)
・サポステ
・企業 採用ページからの応募

といったように20代はほぼ全ての情報源を利用して求人への応募をする事が可能です。

30代、40代と年齢が上がるにつれて、利用しにくい求人サイトなどが増えてきます。
(年齢上限を超えて利用できない就職支援サービスなども)

未経験者の正社員就職支援を行う就職エージェントも、多くは20代限定の支援となります。

上記の中では、職歴なしフリーターから就職を目指す場合には、最も就職成功率が高い就職活動の方法といえます。

利用するなら20代のうちに、ということになります。

30代で職歴なしフリーターから正社員就職を目指すのは、かなり厳しいのが現実です。

求人サイトで試しに調べてみると、29歳と30歳とでは見つかる求人数(未経験者歓迎の求人)がかなり差があることがお分かりになるのでは、と思います。

職歴なし未経験、未経験者歓迎の求人を多く見つける方法

人材紹介会社コンサルタント
20代後半 職歴なし高卒フリーターの就職方法としてオススメするのは、そのブランク期間の長さから、

書類選考無しで面接が受けられる就職支援サイトの活用

です。

ブランク期間が長いことにより、書類選考で落ちる事が予想されます。

20社、求人へ応募して1社面接に進めるかどうか、といったフリーターの方が多いのではないでしょうか。

それほど、ブランク期間が長くなると就職活動が厳しくなります。

そうした事から、

「もう就職できないのではないか」

「もうブラック企業へ就職するしか選択肢は無いのかな・・・」

と悩んでしまう方もいるかもしれません。

就職活動には自信も必要ですが、過度に自信を持ってしまうと不採用が連続した場合に挫折しやすいです。

就職活動が厳しい事は予想しつつも最後は就職できる、といった気持ちを持つ事が大切だと思います。

高卒後にフリーターであれば7年、8年といったブランク期間。
大学中退してフリーター、といった方であれば5年や6年以上ブランク期間がある方も多いでしょう。

通常の就活方法では、どうしても不利です。

ですから、書類選考無しで面接を受ける事ができて、しっかり面接で自分をアピールする機会を得ることが出来る就職支援サービスの活用がオススメとなります。

⇒ 高卒フリーター 就職サイト

では、内定率の高い高卒フリーターおすすめ就職サイトをご紹介しています。

20代後半 職歴無し。ブランクが長くても就職するには

20代後半、もしかすると30歳を間近にした方もいるかもしれません。

年齢のことを考え、ブランク期間も長く、就職活動に対して自信が無い・・・と言う方もいるかもしれません。

特に、フリーターになった理由が「就職活動の失敗」だった場合には、就活が怖いといった気持ちもあるかもしれません。

しかしブランク期間がさらに長くなってしまうと、今以上に就職活動の難しさが上がってしまいます。

ブランク期間が長くなると、企業の採用担当者は色々な事を不安に思います。

・仕事へのやる気
・社会人生活への適応
・早期離職の可能性

面接の質問で「仕事上で大変なことがあっても逃げずに、本気で頑張り抜く覚悟はありますか?」といった質問がされることがあります。

そうした質問にも即答できるように、様々な正社員面接の質問に対しての受け答えを準備しておくことが重要となります。

面接ではそうした面接官の持つ不安を打ち消し、安心して採用できる人材である事をアピールすることが必要になりますね。

面接対策に自信が無いフリーターやニートの方も多いと思います。
アピール出来る志望動機を作れるか自信が無くて・・・という方もいるでしょう。

そうした場合にも、就職支援サービスは役に立ってくれます。

面接対策、模擬面接、志望動機の作成などもサポートしてもらうことが出来ます。

20代後半、職歴なしフリーターから正社員就職を目指す場合には、1歳でも早い就職を目指す事が大切になります。

特に27歳頃を区切りとして未経験者歓迎の求人が少なくなってきますので、正社員就職を考える場合には、少しでも早い就活スタートをきる事が大切です。

30代職歴なしフリーターの就職の難しさ

30代でもフリーター、といった方は今は少なくないのですが就職は確実に難しくなっていきます。

面接を受けられたとしても、面接官の本音としては、

「30歳を超えて就職できなかったのは、何か問題があるのでは?」

というものがある場合が多いでしょう。

面接官の疑問、不安、そういったものを面接という短い時間でひっくり返し、採用したい!と思わせるのは、非常に困難です。

通常、応募した求人へ他にも応募者がいるでしょうから、年齢やブランク期間、志望動機など比較をされると30代は確実に不利といえます。

30代を未経験から中途採用した後の研修などを考えても、企業としてはあまり採用するメリットが感じられない事もあるでしょう。

ただし、非常に人手不足が深刻な業界の場合には、30代もまだまだ若手として中途採用に積極的な企業はありますから、全く就職できる可能性がないと言うわけで合うありません。

アルバイト経験は職歴にはならない点も不利

アルバイトの経験は職歴として見られない事が通常です。

しかし、アルバイト経験に関連した業界・職種を志望する場合には、アピールすれば評価してもらえる事はあります。

そのため就職先を考えた場合、非常に選択肢が狭くなることを実感する方は多いです。

本当は違う仕事をしたいのに・・・という気持ちを持つ方はとても多いようです。

望まない仕事に就く事を考えると、どうしても就職活動に気持ちが入らない、応募が進まない・・・という事からさらにズルズルとフリーター生活が長くなる可能性はあるでしょう。

未経験でも業界・職種の選択肢がある20代のうちに就職活動を

20代であれば、20代後半であっても様々な業界・職種の求人を見つけて応募をする事が可能です。

職歴なし高卒フリーター、未経験者歓迎の職場は20代ならまだまだ多いです。

20代と30代では全く就職活動の状況が変わってくる、といって良いですから今の年齢の間に就職活動を本気で頑張ることが、とても大切ではないでしょうか。

とはいっても20代後半、職歴なし高卒フリーターの就職活動は厳しいものとなる方は多いと思います。

そうした厳しい就職活動を少しでも有利に進めるためにも、書類選考無しなどの、

⇒ 高卒フリーター 就職サイト

を活用してみていただきたいなと思います。

自分に合った仕事、高卒フリーター歓迎の求人など、どうやって仕事を探したら良いか分からない方も相談をしてみてください。

専任のエージェントが付いて、就職決定までサポートをしてくれます。

サービス内容が気に入らない場合、途中で退会などをするのも自由です。

まずは情報収集のつもりで気楽に利用される事もオススメです。




キーワード