正社員なら転職できる
高卒フリーター就職サイト > 専門学校中退 > 専門学校中退 ニートから正社員になるには

専門学校中退 ニート

専門学校中退 ニートからの就職

専門学校を中退する方も増えているかもしれません。

専門学校入学辞退する方も増えている状況です。

中退した後、ニート生活をしている・・・という方も多いかもしれません。

もし専門学校を中退し、ニート歴があってとしても。
就職するとしたらどういった就職活動の方法が内定率が高い就活ができるか、ということをご紹介しています。

これから有効求人倍率もさらに下がることが予想されます。

ニートから正社員をになるのであれば、早い時期がおすすめです。

専門学校中退ですから、年齢的には19歳、20歳、21歳などの方が多いと思います。
景気が上向いて求人が増えるのを待つ、という選択肢もありますが専門学校中退ニートの就活では空白期間は短い方が有利になります。

専門学校経済的に厳しく専門学校中退した方も多いと思いますが、気持ちを切り替えて早くニート脱出できるように就活をスタートされることをおすすめします。

専門学校中退率

専門学校中退率はなかなかデータが見つかりにくいため、最新の中退率を把握しにくいです。

少し以前の中退率になりますが、

「専修学校における生徒・学生支援等に対する基礎調査」(2014)

によると、専門学校の各年度の中退率は、

・2010年 6.8%
・2011年 7.2%
・2012年 6.7%

となっています。

専門学校中退率としてはこの数年は7%前後で推移してきたと考えられます。

ただし、コロナ禍の影響で専門学校中退率は上昇していると言われます。

留年すると奨学金が停止されてしまうため、その影響が大きいのでしょう・・・

実際、留年が決まってしまい奨学金が停止、アルバイトも減っていて専門学校の学費や生活費に困ってしまい専門学校を中退し、正社員への就職を考えている型も多いのではないでしょうか。

専門学校中退から就職までの期間

労働政策研究・研修機構の「中途退学後の職業キャリア」調査によると、

学歴別に見る「離学から就業までの期間」では、

専門・短大・高専中退(男女計)

・離学~3ヶ月以内 64.2%
・3年以内     11.0%
・3年超      4.4%
・期間不明     12.8%

となっています。

序章 問題意識と調査の概要より

中退後、3ヶ月以内に就職できない場合には、就職成功率が下がっていくと考えられます。

専門学校中退後、フリーターやニートになり就職活動をしない方もいるでしょうから、実際の就職率は低いことが考えられます。

専門学校中退 ニートから正社員に就職するには

専門学校にそのまま通うことができていれば、新卒として就職することができたはずです。

専門学校にはそれぞれ就職に強い業界があります。
毎年、一定数の学生を就職先として送り出している企業もあるでしょう。

そのための専門学校です。

しかし、専門学校を中退するとそうした就活ができません。

専門学校中退後は就職活動は基本的には一人で全てをしなくてはなりませんし、就活時期も、いつから始めても良いということになります。

それもあって、なんとなく「やる気」が出ないから・・・とニートになる方もいるかもしれません。

学校を辞めてから、少し就職活動をしてみたけれど書類選考も落ちつつづけたので挫折してしまった・・・というニートの方もいるかもしれません。

専門学校中退すると就職できない?

ニートから就活する

専門学校中退すると就職できない、ということではないです。

新卒ほどの就職率ではありませんが、専門学校中退してから3ヶ月以内に約6割の人が就職しているという数字も先ほど見てきました。

ただ・・・

一人では履歴書など応募書類の内容を底上げするのも難しいですし、面接対策も社会人経験が無いと難しいものがありますよね。

就職相談を始めて1社目で内定が貰える!

という方も少ないでしょうし、かえって迷って内定辞退してしまうかもしれません。

就活にあたり、自己分析や企業研究をしっかり行うことがとても重要です。

専門学校中退、ニート歴がある場合には特に就活が難しいといえます。

適切な場所に就職相談をして、専門学校中退OKの正社員求人を紹介してもらったり、応募書類の添削、面接対策などサポートをしてもらう就活の方法をおすすめしています。

専門学校中退 ニートの就職率が高い方法は?

専門学校中退、内定を貰うには

専門学校中退した後、就職成功率の高い就活をすることをおすすめします。

長い期間、書類選考に通らない、面接に落ち続ける・・・といった就活になってしまうと、誰でも就職のモチベーションが下がり、挫折する可能性があります。

ずっとニートを続けていると、さらに就職するのが難しくなってしまうため(就職率も落ちますし、仕事をする気持ちが減っていくかもしれません)、できるだけ早く就活をスタートすることをおすすめします。

ニートの人の就職支援実績も多く、就職成功率の高いニート向け就職支援サイトを次の記事中でご紹介しています。

19歳、20歳といった年齢でしたら、ニート歴があっても十分、正社員になることは可能です。

紹介してもらえるのは全て、

職歴なし社会人未経験OKの求人

です。

こうした就職支援で紹介してもらえる正社員求人は、求人サイトには掲載されていない非公開求人が多いのも特徴です。

自分でこうした未経験者歓迎の正社員求人を集めるだけでも大変です。

就活で苦労する部分のほとんどをサポートしてもらうことができるのもメリットですよ。

ブラック企業を除外して求人紹介をしてもらえますから、自分で求人を調べる大変さも

就職支援サイトによっては、紹介可能な求人があれば30代前半までサポート可能なところもあります。

ニートおすすめ就職支援サイト

ニートの就職率が高い、おすすめ就職支援サイトはこちらの記事でご紹介しています。

就活に一から取り組む場合、おすすめはジェイックです。

非常に手厚いサポートを受けることができますよ。

ニートから就職するには、空白期間を短くすることが重要

専門学校中退してからニート、引きこもり期間ができたとしても、できるだけ空白期間は短くすることが内定獲得には重要です。

専門学校中退に限らず、中退者の就職率は空白期間が長くなるほど下がっていくことが分かっています。

1年、2年、3年とニート期間が長くなる、ということは年齢もそれだけ上がっていく・・・ということになりますからね。

多くの企業は未経験者を中途採用するなら、若い人を採用したいと考えています。

30代で職歴なしニート、といった方を積極的に採用しようという企業は無いといって良いのではないでしょうか。

企業は未経験者の中途採用なら、若い人を採用したい

専門学校中退した後は、中途採用を狙って就活をすることになります。

ライバルには、第二新卒、大学既卒、正社員経験ありフリーター、即戦力となる人もいるかもしれません。

そうしたことも、専門学校中退後の就活が難しい理由です。

中途採用枠には様々な求職者が応募していますし、自分ではどうにもなりません。

比較されると、専門学校中退ニート、という経歴は非常に不利になってしまいます・・・

そのため、

でご紹介しているような就職支援サイトを利用する方法がおすすめとなります。

同じ求人に10人も20人も応募者がいる・・・といったことはありませんし、基本的には応募は早い者勝ちです。

稀に応募のタイミングが被ったりすると、選考も厳しくなるかもしれませんが内定率は自分一人で就活するよりも高いです。

ニートから就職、まとめ

なんらかの事情によって専門学校中退した後は、出来る限り早い時期に就職活動をスタートされることが大切です。

奨学金やアルバイト、実家の経済的な問題などで専門学校中退を選ばざるを得ない方も多いかもしれません。

しかし、そうなった以上は早く正社員就職して働き、収入を得なくては・・・という方も多いのではと思います。

ニートから正社員就職を目指す場合にも、利用できる就職支援サイトをご紹介しました。

ぜひ活用して、専門学校中退後の正社員就職を成功させてください。



キーワード