専門学校中退、内定を貰うには
高卒フリーター就職サイト > 専門学校中退 > 専門学校中退 ハローワークで仕事は見つけるのは難しい?

専門学校中退 ハローワークはおすすめ?

専門学校中退、ハローワークは就活におすすめ?

専門学を中退すると、最終学歴は高卒になります。

専門学校中退の後、これからどうしよう・・・と考えた場合、できればフリーターは選ばない方が良いでしょう。

いずれは正社員として働く、という方が多いと思います。

専門学校を中退してから空白期間が長くなると、正社員の就職率が下がってくるためです。

正社員として就職に成功しやすいのは、中退してから3ヶ月~半年以内となります。

仕事探しといえばハローワーク、ということでハローワークで就活をする方も多いと思います。

しかし、専門学校中退者がハローワークで仕事を見つけるのは少々難しいのです。

専門学校を中退後、優良企業に就職するには、またブラック企業を避けて就活するための就活方法についてご紹介しています。

19歳、20歳で専門学校中退、就活は中途採用?

高校卒業後に専門学校に入学、そして中退となると年齢は19歳、20歳という方が多いと思います。

既卒3年以内は新卒扱い、と言われますが現実はそんなに甘くありません

新卒採用の求人に応募しても、本当の高卒新卒者がいた場合には不採用になる確率が非常に高いです。

第二新卒としての就活も厳しいです。

専門学校中退」という経歴がある以上、就活は厳しいということを前提に進めることが必要です。

専門学校中退後の就活は、基本的には中途採用枠への応募、未経験者歓迎の正社員求人を中心に応募することになります。

ではどこで中途採用の求人を見つけるか、というとハローワークや求人サイト、都市部なら就職エージェントを利用して探す方法がおすすめです。

就職成功率の高さなら、ハローワークよりも就職エージェントがおすすめ

高卒おすすめ就職サイト

就職成功率の高さなら、就職エージェントです。

就職エージェントが発表している就職成功率は多くが80%以上です。

自力で就職活動をしてこれだけの成功率の高さで仕事が決まるのは、まず難しいと言えます。

専門学校中退後、早く就職を決めて働きたい、収入を得たい場合なら就職エージェントを活用する方法がおすすめです。

初めての就活、ということで手厚いサポートが欲しいならジェイックがおすすめです。

書類選考なしで就職活動をしたい、といった場合には、

・ジェイック
・就職shop
・DYM就職

がおすすめです。

専門学校中退後、仕事探しにおすすめ就職エージェント

専門学校中退後、仕事探しにおすすめ就職エージェント

⇒ ジェイック

⇒ 就職shop

⇒ ハタラクティブ

⇒ 第二新卒エージェントneo

⇒ DYM就職

東京へ上京して就職する場合も相談可能なエージェントが多いです。

WEB面接が可能な企業を中心に探してくれると思います。

また必要があって面接に行くにしても、1日に複数の企業の面接をまとめてくれるなどスケジュール面のサポートもしてくれますので便利ですよ。

専門学校中退後の就活する?公務員を目指す?アルバイトする?

専門学校中退した後、進路もいろいろな選択肢があります。

・アルバイトをする
・ニートになる
・公務員試験を目指す
・違う専門学校に入り直す
・正社員就職を目指す

まだ20歳。学校を辞めて少し自由に気楽に生活しながら、就職について考えようかな・・・

といった方もいるかもしれません。

でも、就職することを考えた場合には専門学校中退したらすぐに就活をスタートした方が有利です。

就職成功率

大都市の若者の就業行動と意識の分化- 「第4回 若者のワークスタイル調査」から-

によれば、中退してからフリーター期間が長くなるほど正社員への就職率が低くなることが分かっています。

20代は職歴なしフリーターからでも正社員就職はたしかに目指しやすいですが、フリーター期間が長くなると就職は厳しくなることは避けられません。

専門学校中退後の就活、ハローワークはおすすめ?

専門学校を中退した後、就職をしようと考えた場合。

就職活動の方法として、ハローワークを利用する方法もあります。

親に中退した後仕事探しを相談したら、とりあえずハローワークで求人探しをしたら、と言われることも多いと思います。

私の親などはハローワークで仕事探し、というイメージはやはり強いようです。

ネットでも探したら、とも言われました。

就職を希望するエリアにもよりますが、ハローワークで見つかる求人で専門学校中退者が応募出来そうな正社員求人は、次のようなものがあります。

ハローワークで見つけやすい未経験OKの求人が多い仕事

・営業職
・事務職
・介護職
・ITエンジニア職
・販売職
・工場

離職率の高い仕事は避けたいな・・・という方も多いと思います。

そうなると、探す職種の候補としてはITエンジニア職、事務職といったところでしょうか。

営業の求人は専門学校中退でも応募しやすく、未経験歓迎が多い

ただ、求人は営業職が多いですし未経験からでも就職がしやすいですね。

営業の仕事、というと「私には無理・・・」とすぐに思ってしまう方も多いでしょう。
しかし、色々な商材、働き方があります。

企業研究などをしてみると、自分に合った働き方ができる営業の仕事が見つかるかもしれません。

女性に人気の事務職へ就職するには

正社員なら転職できる

女性に人気の事務職も求人が見つかりますが、競争率が高いので事務職に絞って就活するのは厳しいといえます。

事務職への就職を目指すのであれば、ハローワークではなく求人サイト、就職エージェントとフル活用して求人を探した方が良いでしょう。

ハローワークを利用しての就活が向いている人

ハローワーク求人が向いている人は、次のような人です。

・地元の中小企業の求人を知りたい
・できるだけ多くの求人から選びたい

といった場合です。

ハローワークは企業側も無料で利用できますから、掲載している企業の多くが地元の中小企業、零細企業です。

大企業、上場企業はハローワークはほぼ利用していません。

そういった意味では、小規模な企業でアットホームな雰囲気で働きたい方には向いているといえそうです。

ただし、中小企業、零細企業は人数が不足していることも多く、残業が当たり前、経営体力も乏しくサビ残が多いといった可能性も否定できません。

安定した働き方、ホワイトな働き方をしたい場合にはハローワークで求人を探すのは向かないといえます。

またハローワーク経由では企業の詳しい情報は得るのは難しいです。

ハロワ窓口の担当者はほとんど情報を持っていないので、相談してもあまり参考になることはない、というのが実際に過去に利用した印象です。

専門学校中退者がハローワークで就職しにくい理由とは

専門学校中退者がハローワークを利用して仕事探しをしても、就職しにくい理由がいくつかあります。

無料で求人を掲載出来るので、良い人材が来るまで掲載し続ける企業も多い、ということが挙げられます。

良い人材というのも曖昧ですが、無料で掲載を続けられますから、中退歴がある人は落とそう、といったことを簡単に考えてしまえるということです。

ハローワークは無料で求人を掲載できる代わりに、理由なく書類選考で落とすことはできません。

そのため面接は受けられますが、落とす前提で面接をするケースも。

そうなると、時間の無駄ですよね・・・。

面接対策も時間がかかりますし、不採用が続くとメンタルもやられてきます。

ハローワークで就職が決まる人も実際いますが、あまり専門学校中退後の就活の場としては、向かないといえるのではないでしょうか。

専門学校中退後、都市部ならエージェント利用の就活がおすすめ

専門学校を中退して、正社員として就職を目指すのであればエージェントの利用が今はおすすめです。

紹介してもらえる求人は求人サイトほど多くはありませんが、取材をした上でブラック企業を排除して紹介してくれます。
(出来る限り、といえます)

企業の詳しい情報が分かった上で応募を考えることができるのは、就職エージェントを利用するメリットです。

専門学校はその地方の都市部にあることが多いですから、次にご紹介している就職エージェントのいずれかが利用可能なエリア、というところはあるのではと思います。

対応エリアの広さでいうと、

・ジェイック
・DYM就職

が他のエージェントが対応していないエリアにも面談拠点や会場を設けることも多いので、ぜひチェックしてみてください。

専門学校中退後、仕事探しにおすすめ就職エージェント

⇒ ジェイック

⇒ 就職shop

⇒ ハタラクティブ

⇒ 第二新卒エージェントneo

⇒ DYM就職

専門学校中退、ハローワークはおすすめ?まとめ

専門学校中退後の就活にハローワークはあまり向かないことが多い、というのがまとめです。

都市部で就職活動する場合、利用できる就職エージェントがあるのでしたら、エージェント経由で求人紹介を受けることをおすすめします。

就活は一人で行うものですが、エージェントを利用した場合には専任で担当者が付いて就職活動をサポートしてくれます。

・企業の詳しい情報
・面接日の調整
・面接対策
・今の就職市場の状況
・不採用の場合、理由
・内定後、入社までの準備

など様々なサポートが受けられるメリットがあります。

扱っている求人が未経験歓迎の求人が中心、ということもあり専門学校中退でも内定率が高い就活ができるのも、大きなメリットだと思います。



キーワード