中退後の就職活動
高卒フリーター就職サイト > 中退後の就職 > 薬学部中退(留年)して就職する場合

薬学部中退 就職

薬学部中退して就職する場合

薬学部を中退して、就職についての悩みを抱えている方もいると思います。

薬学部は難しい学部ですから、全ての学生が進学できるわけではありません。

いきなり薬学部1年生で留年、学費の支払い問題や、留年することで学業へのモチベーションが消失してしまい退学を考える・・・といった学生の方も多いのではないでしょうか。

薬学部の学生で留年する人は多いです。

特に何回も留年してしまうと、どうしても新たに同学年となる学生と馴染みにくくなり、浮いてしまって学校に通いにくくなる・・・結果、退学するというケースも。

また薬学部は6年生ということもあり、留年するとその分だけ社会に出るのが遅くなってしまいます。

就職に対しての焦りから留年を機に大学を中退して就職活動をする方もいます。

留年などを機として、薬学部中退して就職する場合。

薬学部を中退した後、どういった就職活動の方法が内定率が高く、就職先を決められるかについてご紹介します。

薬学部中退後の進路、どうしよう・・・

薬学部を中退した後、就職に悩む

薬学部を退学する、という場合。

やはり迷うのが薬学部退学後の進路ではないでしょうか。

薬剤師にこだわらない場合には他の学部に編入するという手段もありますが、新たに学費の支払いが発生することになります。

留年なども含め、薬学部中退の理由の一つに「学費の支払いが困難」といった場合には学生を続けるのは難しいですよね・・・

やはり悩んでみても、薬学部中退後の進路は「就職」一択、という方も多いかもしれません。

薬学部中退で調べてみると、決断が後押しされる情報はたくさん見つかります。

そもそも、退学を考えざるを得ない状況を乗り越えられる方は、なんとかできる方法を必死に考えているのではと思います。

薬学部を中退した後、フリーターやニートといった選択肢は選ばない方が良いです。

空白期間が空いてしまうことで就労意欲が落ちてしまう方も多いですし、ニート歴ができると、就活が非常に難しくなります。

薬学部中退+ニートのコンボはかなり強力に就活を難しくしてしまうでしょう。

厳しい勉強に疲れた気持ちもあり、中退して少しの間リフレッシュしたいと思っても、短期間だけにしておいた方が良いでしょう。

薬学部中退後の就活時期

薬学部中退後、就職をお考えになる場合は、できるだけ早い時期に就活をスタートすることをおすすめします。

採用する企業としても、中退してからの空白期間が短い方が働く意欲が強いと感じるためです。

また、空白期間が半年、1年、2年と長くなっていくと、面接で「空白期間は何をしていましたか?」と質問された時に答えることが難しい・・・と感じる人が増えるでしょう。

中退後の就活時期は自由ですが、早い時期に就活をスタートした方が有利に仕事探しを進めることが出来ます。

薬学部中退理由

薬学部を中退する理由は人によって様々です。

・勉強についていけない
・学費の支払いが難しくなった
・留年
・人間関係
・就職

などが一例として挙げられます。

中には在学中に就職する人もいます。

薬学部中退して就職する、就職活動の方法

薬学部を中退した後に就職活動をする方法ですが、主に以下のような就活方法で就職先を探すことができます。

・ハローワーク
・公務員試験を目指す
・求人サイト
・就職エージェント
・アルバイトから正社員登用
・紹介予定派遣

薬学部中退となる場合、多くの人は最終学歴が「高卒」となると思います。

中退すると、就職活動にも制限がでてしまうデメリットがあります。

そうした学歴面で就活が不利になってしまうケースもあることは、事前に理解しておいた方が就活で挫折しにくくなるのではと思います。

中退後、就活をする場合にはできればサポートを受けながら正社員就職を目指されることを
おすすめします。

その方が中退してから短期間で就職が決まりやすいですし、孤独な就活を避けることができます。

中退すると、就職活動は一人で行わなければなりません。

家族に相談するといったことはあるかもしれませんが、同時期に就活をする友達はいない方が多いでしょう。

一人で全てを行う就職活動は、思っている以上に大変なんですよ・・・。

薬学部中退者が就職エージェントを利用するメリット

薬学部中退し、就職を目指す場合には色々な就職活動の方法がありますが、就職エージェントを利用する方法にはいくつものメリットがあります。

中退者向けの就職エージェントとしては、

などがあります。

中退でも内定率の高い就活ができる

高卒フリーターから正社員になるには

上記でご紹介した就職エージェントは、主に20代向けの正社員就職支援を行っているエージェントで、中退歴のある方も多く利用して就職を成功させています。

書類選考通過率、内定率を上げるためのノウハウがあります。

また、こうした就職エージェントを利用して人材採用を行っている企業は、学歴不問、人物重視、ポテンシャル採用を行っている企業が多いことも見逃せません。

自力で就職活動をするよりも、内定率が高くなる就活ができる、というのは大きなメリットではないでしょうか。

企業とのやり取りが楽、短期間で内定まで進める

第二新卒転職エージェント

一般的に就職活動をする場合、内定が出るまで1ヶ月半~2ヶ月といった期間がかかることも多いです。

面接も2回~3回といった企業が多いですよね。

1つの企業を受けて、成否が分かってから次の企業に応募する・・・といったことをした方が対策に集中出来て良いのですが、それだと時間がかかってしまって仕方ありません。

そのため複数の企業を並行して受ける方が多くなると思います。

スケジュール調整、企業とのやり取りが大変なんですよね・・・

その点、就職エージェントを利用して就活をする場合、企業とのやり取りは全て代行してくれますので楽です。

日程調整も、他の企業の面接や結果待ちがある場合には、相談可能で対応してくれるところがほとんどのはずです。
(担当者次第な面はありますが、基本的には調整してくれます)

また早い場合には、就活を始めて1週間~2週間といった短期間で内定まで進む方もいます。

薬学部中退が経済的な理由の方の場合には、早く就職を決めて働きたい、という希望をお持ちの方もいると思います。

その場合、内定率の高さに加え、短期間で就職が決まる可能性が高い、という就職エージェントのメリットは大きいのではないでしょうか。

就職エージェントの利用は無料

こうした就職支援を行ってくれる中退者におすすめの就職エージェントですが、全てのサポートの利用は無料です。

企業がエージェント経由で人材採用に成功した場合に、報酬が支払われるためです。

企業は人物重視で、中退者やフリーターといった方で良い人材を採用するために就職エージェントを利用しています。

就職エージェントは、企業に合いそうな適性のある人材を紹介します。

その中で、興味の持てない企業や仕事の求人紹介もあるかもしれません。

無理に応募する必要はありませんので、遠慮無く断ってOKです。

ただし、あまりに求人の紹介を断ると担当者も人間ですから、「積極的に応募する気持ちが薄いのでは?」といったことから、求人の紹介も疎遠になってくる可能性もあります。

担当者との相性の問題もありますね。

複数の就職エージェントを利用することで、自分に合った求人が多いエージェント、サポートがしっくりくるエージェントを見極めて、メインで利用する就職エージェントを絞ることもおすすめです。

薬学部中退後の就職活動、必ず面接で質問される「中退理由」

薬学部を中退後、就職先として一般企業を選ぶ方も多いと思います。

その際、必ず面接があります。

面接官から必ず質問されることの一つに「薬学部中退理由」があります。

・なぜ、せっかく入学した薬学部を中退したのか
・親御さんは中退について何か言っていなかったのか

薬学部は高額な学費がかかることから、親御さんに対してしっかり説明したのか、といったことを質問されるケースもあるでしょう。

基本的には、面接での質問は意図があると考えておいた方が良いです。

薬学部中退というのは、ある意味、親には相談しにくいテーマです。
それをしっかり親と相談して、中退するという結論を出したのかどうか。

入社してから上司にしっかり、ネガティブなテーマ、ミスなどであっても相談ができるのかどうかを見ている可能性があります。

薬学部中退後の面接対策では、答えにくい質問を想定して、受け答えの練習をしておくことをおすすめします。

一人では面接対策が不安で・・・といった場合には、就職エージェントを利用してアドバイスを貰いながら就活の準備をされるのがおすすめです。

中退者におすすめ就職エージェント

薬学部中退した後、就職を目指す際におすすめは、就職エージェントを利用する方法です。

いくつものメリットがあります。

最後に改めて就職エージェントをご紹介いたします。

自力で就活をして見たけれど、やっぱり難しい。
書類選考も通らない・・・といった場合などには、ぜひ活用してみてください。

就職shopとジェイックは書類選考なしで面接が受けられます。

ハタラクティブも書類選考通過率は80%以上と非常に高いです。

対応エリアが広いのは、ジェイックとハタラクティブとなります。



キーワード